レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Leonin Relic-Warder / レオニンの遺物囲い (白)(白)
クリーチャー — 猫(Cat) クレリック(Cleric)

レオニンの遺物囲いが戦場に出たとき、アーティファクト1つかエンチャント1つを対象とする。あなたはそれを追放してもよい。
レオニンの遺物囲いが戦場を離れたとき、その追放されたカードをオーナーのコントロール下で戦場に戻す。

2/2

アーティファクトエンチャント限定の忘却の輪/Oblivion Ringを内蔵したクリーチャー。クリーチャーゆえにこの手のカードとしては対処されやすくなっているが、追放するものがなくても2/2のクリーチャーとして扱うことができる。

主に対戦相手のカードを追放して妨害することになるだろうが、一時的に戦場から離しておいて再度戦場に出せる点に着目して、自身がコントロールするものを対象にするのも時には有効なプレイングである。例えば、胆液の水源/Ichor WellspringなどのETB能力を再度誘発させたり、また転倒の磁石/Tumble Magnetなどのカウンターを初期値まで補充したりできる。対戦相手が全体除去を構えていそうなら、アーティファクト・クリーチャーを一時避難させて全滅を防ぐこともできる。

リミテッドではアーティファクトの多い環境であることもありメインデッキから投入されることも多い。またミラディンの傷跡ブロック構築ではトップメタである白単鍛えられた鋼がアーティファクトとエンチャントに頼った構成であるため対策として有効で、鋼デッキ自身がミラーマッチ対策として4枚フルに積むことも珍しくない。

[編集] 参考

QR Code.gif