イクサラン/Ixalan

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

イクサラン/Ixalanは、多元宇宙/Multiverseに存在する次元/Planeの一つ。イクサラン・ブロックの舞台となった。

目次

世界観

イクサラン次元のイクサラン/Ixalan大陸、その鬱蒼とした密林の奥深くには、想像を絶する秘宝があるという。その名は不滅の太陽/The Immortal Sun――黄金の都オラーズカ/Orazcaの内に眠る、神話的な力を持つアーティファクトだ。数百年の長きにわたり、それは伝説に覆われたおぼろげな記憶に過ぎなかった。

太陽帝国/The Sun Empire恐竜を駆る人間たちと川守り/The River Heraldsマーフォークは長い間、戦争と危うい平和を繰り返しながら、イクサラン大陸を分かち合ってきた。だが外部の勢力、薄暮の軍団/The Legion of Dusk吸血鬼/Vampire鉄面連合/The Brazen Coalition海賊の襲来が、その絶妙な均衡を崩してしまった。今やかつての伝説は現実と目されるようになり、四つの勢力すべてが不滅の太陽の大いなる力を欲し、黄金の都の在り処を必死に探し求めている。その力を手に入れるためなら、彼らはどんな手段も厭わないだろう。

世界は発見されるのを待っている。密林の植物に覆い隠された太陽帝国最盛期の遺跡、高山から湧き出す魔力に満ちた聖なる泉、忘れられし時代の海賊が秘密の入り江に隠した宝物――四勢力の勇敢なる探検家たちは、黄金の都を求めて大陸中を捜索する中で、そういったものを次々と見つけ出している。

束縛の魔法

イクサランはプレインズウォーカー/Planeswalkerにとって厄介な次元である。他の次元からイクサランにプレインズウォークすることはできるが、イクサランから他の次元にプレインズウォークしようとすると、何らかの力により引き戻されてしまう。このときプレインズウォーカーの頭上には、円で囲まれた三角形のシンボルが輝く(イラスト)。

勢力

太陽帝国/The Sun Empire

イクサラン大陸に存在する人間の帝国。太陽の三つの相を崇拝している。恐竜と共生しており、彼らに乗って戦う者は恐竜騎士と呼ばれる。

詳細は太陽帝国/The Sun Empireを参照。

川守り/The River Heralds

イクサラン大陸で暮らすマーフォークの集団。オラーズカの守護者で、不滅の太陽の力を誰にも使わせないことを使命とするが、一部のマーフォークは自分たちがその力を正しく使うべきだと考えている。

詳細は川守り/The River Heraldsを参照。

薄暮の軍団/The Legion of Dusk

トレゾン/Torrezon大陸を支配する吸血鬼の軍団。自らの吸血衝動を忌むべきものと考えており、血に頼らない永遠の命を求め、イクサラン大陸への侵略を開始した。

詳細は薄暮の軍団/The Legion of Duskを参照。

鉄面連合/The Brazen Coalition

薄暮の軍団にトレゾン大陸を追われた人間の子孫を中心とする海賊の連合。ゴブリンオークセイレーンもこれに加わっている。

詳細は鉄面連合/The Brazen Coalitionを参照。

地理

イクサラン/Ixalan

太陽帝国と川守りの民が暮らす、三日月型の大陸(地図)。次元そのものと同じ名前で呼ばれる。

オラーズカ/Orazca

イクサラン大陸の密林の奥深くにあるとされる古の都。通称黄金都市黄金の都)/The Golden City。不滅の太陽が秘匿されている地であり、オラーズカを守護する川守りさえもその場所は知らない。

太陽帝国の重要地点

  • 太陽海岸/The Sun Coast - イクサラン大陸東部に広がる海岸。
  • パチャチュパ/Pachatupa - 海岸平野と山間部の境にある帝都。皇帝の宮殿トカートリ/Tocatliを擁する。
  • アゾカン/Atzocan - 海岸平野にある、海に最も近い都市。
  • オテペク/Otepec - 帝国の西端に当たる、高山の森林地帯に位置する都市。

川守りの重要地点

  • 大いなる川/The Great River - 川守りを導くとされる大河。
  • 九の支流/The Nine Tributaries - 大いなる川の9本の支流。それぞれの支流に選ばれた9人のマーフォークが、部族を率いる形成師/Shaperとなり、その川と同じ名前を襲名する。
  • 原初の水源/The Primal Wellspring - 大いなる川の聖なる水源。
  • 深根の木/The Deeproot Tree - マーフォークの古の都市の名残。祖先の住んでいた地として今でも敬われている。

薄暮の軍団の重要地点

  • 女王湾/Queen's Bay - トレゾンの女王を称えて名付けられた、薄暮の軍団が占領する湾。
  • アダント/Adanto - 女王湾の島の上に築かれた、イクサラン最初の砦。別名一番砦/The First Fort
  • デュロン/Durron - 女王湾を囲む三大砦の一つ。別名信念砦/The Fort of Faith
  • リオア/Leor - 女王湾を囲む三大砦の一つ。別名追放砦/The Edge of Exile

内海/The Inner Sea

三日月型の大陸に囲まれた内洋。

トレゾン/Torrezon

薄暮の軍団が支配する、イクサラン東方の大陸。鉄面連合の人間の祖先が元々住んでいた地でもある。

大嵐海/The Stormwreck Sea

イクサラン大陸とトレゾン大陸の間に広がる海。

孤高街/High and Dry

何千隻もの海賊船の残骸と、多数の筏、艀、浮桟橋が繋がって巨大な一つの塊となることで生まれた海上都市。鉄面連合の中立地帯で、海賊向けの酒場や店が並び、海賊間で物資、道具、宝物、物語が交換される。ここでは暴力沙汰はありふれており、放置されることもしばしば。

  • high and dryは英語の成句で、「(船が)水から上がっている、座礁している」、転じて「(人が)見捨てられている、取り残されている」の意。日本語訳の「孤高」は後者に由来するものと思われる。

種族

  • 人間/Human - 人型種族の一つ。太陽帝国と鉄面連合の両方に所属するほか、薄暮の軍団の従者となった者もいる。
  • マーフォーク/Merfolk - 水陸両棲の人型種族。のマーフォークは水中を、のマーフォークは陸上を好む。
  • 吸血鬼/Vampire - 他者の血を吸う人型種族。人間を上回る力と素早さ、超自然的な能力により、トレゾン大陸を支配した。
  • ゴブリン/Goblin - 猿のような小型の人型種族。イクサラン大陸出身だが、好奇心から鉄面連合に加わっている。
  • オーク/Orc - 逞しい肉体を持つ人型種族。薄暮の軍団との長年の戦争で数百にまで数を減らし、今や多くが鉄面連合の海賊となっている。
  • セイレーン/Siren - 鳥の翼を持つ人型種族。船に魅せられ、鉄面連合の一員となった。非常に気紛れで、愛情も次の瞬間には殺意に変わる。
  • 恐竜/Dinosaur - 大型の爬虫類。太陽帝国の人間と共生しており、戦闘や運搬に利用されるが、飼い馴らすことはできない。
  • ドライアド/Dryad - 植物の精霊。イクサランの知的種族で唯一、オラーズカの探索に関心を持たない。

キャラクター

プレインズウォーカー/Planeswalker
イクサランの住人

登場

登場カード

カード名に登場

イクサラン
イクサランの束縛/Ixalan's Binding

フレイバー・テキストに登場

イクサラン
アルゲールの断血/Arguel's Blood Fastアングラスの匪賊/Angrath's Marauders乗っ取り/Hijack開花のドライアド/Blossom Dryad塁壁壊し/Crash the Ramparts葉を食む鞭尾/Grazing Whiptail噛み付く帆背びれ/Snapping Sailback新緑の再誕/Verdant Rebirth

登場作品・登場記事

Magic Story

イクサラン
イクサランの相克

その他

脚注

  1. Magic Story Podcast: Ixalan(Feature 2017年8月30日 Blake Rasmussen and Alison Luhrs、文字起こししたものはこちら
  2. Just for Ix(alan), Part 1/ただ『イクサラン』のために その1(Making Magic 2017年9月25日 Mark Rosewater著)

参考

QR Code.gif