マーブレン・フェイン/Mavren Fein

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マーブレン・フェイン/Mavren Feinイクサラン・ブロックのキャラクター。カードとしてはイクサラン薄暮の使徒、マーブレン・フェイン/Mavren Fein, Dusk Apostleが初出。

目次

[編集] 解説

イクサラン/Ixalanトレゾン/Torrezon大陸を支配する集団、薄暮の軍団/The Legion of Dusk吸血鬼/Vampireの高司祭。男性(イラスト)。年齢は200歳を超えている。

強大な力を持ち、その揺るがぬ権威に満ちた声は貴族さえも震え上がらせる。最初の吸血鬼エレンダ/Elendaの敬虔な信者であり、彼女と不滅の太陽/The Immortal Sunを見つけ出して仲間たちに真の永遠の命をもたらそうとしている。

[編集] 経歴

[編集] 争奪戦 その1/The Race, Part 1

難破した「女王の勇壮」号/Her Majesty's Courageから、アダント/Adanto砦にただ一人が流れ着いた。その吸血鬼は長期間の断血/The Blood Fastで極度の錯乱状態にあり、無我夢中でエレンダへの祈りを叫び続けていた。曰く、六分儀もコンパスも欺瞞の道具であり、エレンダ様への信仰が私をこの地へ導いてくださったのだと。アダントの司祭マルディア/Mardiaは、その姿を見て唖然とした――この男は、高司祭マーブレン・フェインその人なのだ。彼女は人間の衛兵に襲いかかったマーブレンを何とか押さえつけ、正式な手順で血を飲ませるべく、彼を罪人マニュエル/Manuelのいる独房へと連れていった。

マルディアが断血を終わらせる儀式の準備を整える間、マーブレンはマニュエル相手にエレンダの物語を語って聞かせた。当初は会話も成立していたが、不意に吸血衝動を抑え切れなくなり、マーブレンは独房の木の壁を破壊してマニュエルに襲いかかった。騒音を聞いたマルディアが駆けつけたときには、すでに手遅れであった。

十分な血を飲み、冷静さを取り戻したマーブレンはそれまでの見苦しい姿を詫びた。一人でも任務を続けるつもりだと言うマーブレンに、マルディアは助力を申し出た。彼は替えの服と杖を頼んだが、同時にコンパスは不要だとも付け加えた――正気を取り戻した今となってもなお、信仰心のみでエレンダのもとに辿り着くというマーブレンの意志は揺らがなかった。

[編集] 溢れ出る記憶/The Flood

オラーズカ/Orazcaを目覚めさせ、不滅の太陽の部屋に辿り着いた川守り/The River Heraldsクメーナ/Kumenaのもとに、マーブレンとヴォーナ/Vonaが姿を現した。強大な魔法の力を持つクメーナも吸血鬼二人との近接戦闘には敵わず、ヴォーナによって窓の外へと投げ捨てられた。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] フレイバー・テキストに登場

イクサランの相克
不敬の行進/Profane Procession

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 参考

QR Code.gif