セイレーン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

セイレーン/Sirenクリーチャー・タイプの1つ。


Alluring Siren / 魅惑するセイレーン (1)(青)
クリーチャー — セイレーン(Siren)

(T):対戦相手1人がコントロールするクリーチャー1体を対象とする。このターン、それは可能ならばあなたを攻撃する。

1/1


Shipwreck Singer / 難破船の歌い手 (青)(黒)
クリーチャー — セイレーン(Siren)

飛行
(1)(青):対戦相手がコントロールするクリーチャー1体を対象とする。このターン、それは可能なら攻撃する。
(1)(黒),(T):攻撃クリーチャーはターン終了時まで-1/-1の修整を受ける。

1/2


Siren of the Fanged Coast / 牙海岸のセイレーン (3)(青)(青)
クリーチャー — セイレーン(Siren)

飛行
貢納3(このクリーチャーが戦場に出るに際し、あなたの望む対戦相手1人はこれの上に+1/+1カウンターを3個置いてもよい。)
牙海岸のセイレーンが戦場に出たとき、貢納が支払われていない場合、クリーチャー1体を対象とし、それのコントロールを得る。

1/1

初出は基本セット2010魅惑するセイレーン/Alluring Siren。しばらくはそれ専用のクリーチャー・タイプであったが、ギリシャ神話をモチーフにしたテーロス・ブロックにて再登場し、数を増やした。その後も数は少ないながらも時折新種が登場している。

いずれもを含み、小型中型飛行を持つものが多く、伝承に倣って攻撃クリーチャー誘い出す能力や、コントロールを奪う能力を持つものもいる。

  • セイレーンとは神話などに登場する想像上の生物。海上で非常に美しい声で歌い、船乗りを惑わし遭難、難破させるという伝説で知られる。その姿は美しい女性とされているが、半人半鳥とする場合や、さらには半人半魚(つまり人魚)とする場合もある。
  • 古代ギリシャ語を語源に持ち、時代を経て国によって綴りや発音の変化が起こっているが、日本でも知られる外来語として、「サイレン」(口笛や電子音などの警笛・警報)がある。綴りも"siren"で、サイレンの名前はセイレーンに由来するとの説がある(無論、英語で発音する上では、区別がない)。

[編集] 参考

QR Code.gif