原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ghalta, Primal Hunger / 原初の飢え、ガルタ (10)(緑)(緑)
伝説のクリーチャー — エルダー(Elder) 恐竜(Dinosaur)

原初の飢え、ガルタを唱えるためのコストは(X)少なくなる。Xは、あなたがコントロールしているクリーチャーのパワーの合計に等しい。
トランプル

12/12

エルダー恐竜は、ティミー垂涎の超弩級ファッティ。12/12トランプルサイズに、自軍クリーチャーパワーに応じてマナ・コストを減少させる能力を備えている。

サイズに違わず点数で見たマナ・コストも12マナと超重量級だが、クリーチャーの展開というビートダウンの基礎的な動きだけで自然にコストの減少を図れるのが強み。例えば、ターンに応じて1ずつパワーの高いクリーチャーを唱えていけば、5ターン目には最少2マナで唱えることができる。除去の飛び交う構築環境においても5~7マナ程度なら十分現実的であり、見た目より軽く非常に高マナレシオフィニッシャーとして、盤面に与えるインパクトは大きい。

一時的な強化呪文やパワー偏重クリーチャーとの相性がよく、巨大化/Giant Growth系統の呪文能力暗黒の儀式/Dark Ritualさながらに働くし、むら気な長剣歯/Wayward Swordtooth結束した角冠/Bonded Horncrestなどのパワー>マナ・コストのクリーチャーも疑似的なマナ加速になる。 その他、アモンケット機体など何らかの制約の代償に高いP/Tを持つカードとの組み合わせも有効である。キランの真意号/Heart of Kiran不屈の神ロナス/Rhonas the Indomitableと繋げれば4ターン目に出す事も可能であり、実際に構築での採用実績もある。 ドミナリアでのラノワールのエルフ/Llanowar Elves再録も好材料で、併用する事でより安定した早期展開が狙える。2ターン目に不屈の神ロナス→3ターン目にキランの真意号や立て直しのケンラ/Resilient Khenraでこれも同一ターンに揃えられるほど。

自分のクリーチャーが少ない状態では有効に機能しないため、一般的に優先度の低い「有利な状況をさらに有利にするカード」の側面はあるものの、ある程度設えた盤面から一気に形勢を傾けるだけのリターンは見込めるため、早期展開を狙っていく価値は十分にある。並べたクリーチャーと共に全体除去を受けては元も子もないので、レギサウルスの頭目/Regisaur Alphaオテペクの猟匠/Otepec Huntmaster速攻を付与したり、投げ飛ばし/Flingたりするなどして、速やかに決着をつけたい。

スタンダードでは、実質的な同マナ帯にレギサウルスの頭目や殺戮の暴君/Carnage Tyrantなどのより安定した候補もいるためそれほどの存在感を示せていないが、赤緑恐竜赤緑モンスター緑単ビートダウンなどでの採用例がある。その場合は併用される事も珍しくない。

モダンにおいては、滋養の群れ/Nourishing Shoal型のグリセルシュート世界棘のワーム/Worldspine Wurmの代替として注目する向きがあるようだ。比べると回復量や除去耐性で劣るが、これ自体が御霊の復讐/Goryo's Vengeance釣れる事からデッキ内の連携性が高められる。

イクサラン・ブロックリミテッドではクリーチャーが並びやすく、それでいて除去が弱いため戦場に出せる機会は多い。12/12というサイズは暴力そのもので、並大抵のコンバット・トリックで討ち取れるものではない。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

イクサランの相克エルダー恐竜サイクル。いずれも伝説のクリーチャーレアの各に1枚ずつ存在するほか、多色にも神話レア原初の災厄、ザカマ/Zacama, Primal Calamityが存在する。

イクサランを補完するために、イクサランの相克では主要四大部族を強化するカードを収録する必要性があった。その内恐竜について、各陣営ごとに設定された固有色の縛りを曲げる、メガサウルス/Megasaursという巨大恐竜のサイクルが提唱された。陣営を成立させるためのそれに例外を設ける事への懸念や抵抗もあったが、クリエイティブ・チームはそれらをエルダー・恐竜にするというアイデアを返し、議論の末収録の運びとなった(The Arrival of Rivals/『イクサランの相克』の時刻)。

[編集] 開発秘話

緑のエルダー・恐竜のデザインは、他の恐竜が怯えるような最大の恐竜を作るという事になった。必然的に非常に重いマナ・コストともなるため、何らかのコスト低減手段も必要となった。恐竜の多いデッキに入れたくなるような恐竜の王者としてのフレーバーから、従える恐竜(クリーチャー)達のパワーを参照する事とし、様々な数を試した結果、現在の数値に落ち着いた。ダブルシンボル伝説のクリーチャーである事は、強力になり過ぎないための縛りとしても働いている[2]

[編集] ストーリー

ガルタ/Ghaltaは、オラーズカ/Orazcaとともに長い眠りについていた古の恐竜の1体。巨大な肉食恐竜(イラスト)。緑マナと、貪り尽くす自然の飢えの体現である。

[編集] 登場記事

[編集] 脚注

  1. Rivals of Ixalan Promos, Packaging, and More/『イクサランの相克』のプロモカード、各種製品のパッケージなど(News 2017年12月11日 Blake Rasmussen著)
  2. A Rivals No Other Part 2/他ならぬ『相克』 その2(Making Magic 2018年1月15日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

QR Code.gif