龍王ドロモカ/Dragonlord Dromoka

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Dragonlord Dromoka / 龍王ドロモカ (4)(緑)(白)
伝説のクリーチャー — エルダー(Elder) ドラゴン(Dragon)

龍王ドロモカは打ち消されない。
飛行、絆魂
あなたのターンの間、あなたの対戦相手は呪文を唱えられない。

5/7

緑白龍王/Dragonlord伝説のエルダードラゴン)。打ち消されない能力と、自分ターンの間対戦相手呪文を封じる能力を持つ。

6マナ5/7に4つのメリットという、非常にコスト・パフォーマンスが高いクリーチャー。打ち消されず戦場に出ることができるので安定感があり、飛行絆魂によりビートダウン同士のダメージレースを決定づけうる性能を持つ。さらに、対戦相手のコンバット・トリックを禁止できる能力と高いタフネスが組み合わさって、攻撃時は非常に死ににくい。対戦相手のターン中には高いタフネス以外の除去耐性がないのが欠点ではあるが、フィニッシャーとして十分運用していけるスペックを有している。

フィニッシャーとしての使い方以外に、いったん唱えればほぼ間違いなく、そのターン中は相手が呪文を唱えることを禁止できることを生かし、必殺コンボの妨害を防ぐ手段としての運用が考えられる。2の6マナなので使えるデッキは限られるが、無限マナを生み出せるコンボならば問題なく利用できる。ただし自身が打ち消されないとはいえ即時却下/Summary Dismissalなどには無力な上に能力までは封じることはできず、特にタルキール覇王譚ブロックには変異誘発型能力があるので過信は禁物である。

スタンダードでは色の合うバント大変異アブザンコントロールで使われる他、対コントロールでの強さを買われて青単ドラゴンコントロールドラゴンメガモーフといった色の合わないデッキでもタッチで採用される。

モダンでもAmulet Comboに採用される場合がある。6マナのパワーカードであり、召喚士の契約/Summoner's Pactサーチ可能という性質がデッキの構造に合致し、バーン親和の様な高速デッキに対する不利を改善してくれる。打ち消されない能力と相手の呪文を封じる能力についても、処刑者の要塞/Slayers' Stronghold速攻を与える事で妨害を受けないトドメのワンパンチになるなど、全ての能力が無駄なく機能する。

ヴィンテージではオースで採用がされることがある。ドルイドの誓い/Oath of Druidsから出てくれば意志の力/Force of Will精神的つまづき/Mental Misstepなどといった強力な打ち消しに妨害されることなく動くことができる。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

タルキール龍紀伝龍王/Dragonlordサイクル。各氏族/Clanに1枚ずつ存在する伝説のエルダードラゴン

[編集] ストーリー

ドロモカ氏族/The Dromoka clan龍王/Dragonlord

詳細はドロモカ/Dromokaを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif