龍王コラガン/Dragonlord Kolaghan

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Dragonlord Kolaghan / 龍王コラガン (4)(黒)(赤)
伝説のクリーチャー — エルダー(Elder) ドラゴン(Dragon)

飛行、速攻
あなたがコントロールする他のクリーチャーは速攻を持つ。
対戦相手が、自分の墓地にあるいずれかのカードと同じ名前を持つ、クリーチャー呪文かプレインズウォーカー呪文を1つ唱えるたび、そのプレイヤーは10点のライフを失う。

6/5

黒赤龍王/Dragonlord伝説のエルダードラゴン)。自軍全体に速攻を付与する能力に加え、対戦相手クリーチャー呪文プレインズウォーカー呪文を唱えることを牽制する能力を持つ。

6マナ6/5飛行・速攻という前のめりなクリーチャー。さらに熱情/Fervorを内蔵しているのだが、6マナの速攻付与は流石に重く、有って困る能力ではないが頼りにするのは難しい。大量リアニメイトとの相性は良いため、コンボデッキなら出番は有るか。

誘発型能力は相手にプレッシャーをかける事が出来るのだが、1枚目の登場は許してしまうし、1枚挿しのカードに対しては何の抑止にもならない。呪文全般を封じるわけではないため除去耐性にもならず、見た目以上に何も効果を発揮しない場面が多い。

基本性能自体は高いのだが、いかんせん能力が心もとなく、スタンダード環境ではほとんど姿を見せずにその生涯を閉じた。そもそものカードパワーに加え、龍王アタルカ/Dragonlord Atarka世界を壊すもの/World Breakerなどが跳梁する環境も向かい風だった。 反面、レガシーヴィンテージでは炎の血族の盲信者/Flame-Kin Zealotと同様、他クリーチャーへの速攻付与目当てにドレッジで採用されることがある。炎の血族の盲信者に比べ、+1/+1修整がなく、このカード自体が除去されると速攻も消えてしまう点で劣るが、速攻がもみ消されない、このカードの後に出たクリーチャーにも速攻が付与される、このカード自体の基本性能が高い、またのクリーチャーなのでイチョリッド/Ichoridの餌になるといったところで有利で、一長一短といえる。

  • 6マナ6/5飛行・速攻という点から、刃の翼ロリックス/Rorix Bladewingと対比されることがある。色拘束自体は薄くなり2つの能力まで得たが、それだけでは現代では厳しかった。

[編集] ルール

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

タルキール龍紀伝龍王/Dragonlordサイクル。各氏族/Clanに1枚ずつ存在する伝説のエルダードラゴン

[編集] ストーリー

コラガン氏族/The Kolaghan clan龍王/Dragonlord

詳細はコラガン/Kolaghanを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif