心爪のシャーマン/Mindclaw Shaman

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mindclaw Shaman / 心爪のシャーマン (4)(赤)
クリーチャー — ヴィーアシーノ(Viashino) シャーマン(Shaman)

心爪のシャーマンが戦場に出たとき、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは自分の手札を公開する。あなたはその中からインスタント・カード1枚かソーサリー・カード1枚を、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。

2/2

CIP能力対戦相手手札からインスタントソーサリーを奪い取るクリーチャー

派手な能力ではあるが、活用するのはなかなか難しい。まず、ドロートークン生成などの能動的な呪文は、5マナのこのカード戦場に出る前に消費されてしまう可能性が高い。単体除去火力のような温存する意味のある呪文には有効だが、適正な対象が必要となる上、インスタント(特に軽いもの)は対応して唱えられてしまうため、できるだけフルタップの隙を突かなければならない。カウンターには無力で、全体除去に対しても微妙(心爪のシャーマン自身が巻き込まれてしまう上、そもそも全体除去を自ら用いるデッキに全体除去は効きづらい)。X呪文も、(X=0になるため)実質捨てさせるのと同義であり効果が薄い。

5マナ2/2というマナレシオを考えると、平均して2枚程度のカード・アドバンテージを取りたいところだが、上記のように相手に依存する部分が大きく、安定性に難がある。ドローなどの呪文を多用するコントロールや、クリーチャー除去を積んだビート・コントロール環境にいるのであれば、サイドボード要員として活躍できるかもしれない。

[編集] ルール

  • マナ・コスト支払うことなく唱えてもよい」に関するルール全般は代替コストを参照。
  • 能力の解決中に呪文を唱えるので、カード・タイプによるタイミングの制限は適用されない。
  • 狂暴化/Berserk均等化/Even the Oddsなどの、ルール文章に書かれた唱える際の制限は無視できない。
  • 対戦相手は能力自体に対応して手札のインスタントを唱えることは可能だが、能力の解決中にそれができるタイミングはない。手札が公開され、カードが選ばれるのは能力の解決時であり、一度何かのインスタントが選ばれた後に、それを対戦相手が唱えて消費することはできない。

[編集] 参考

QR Code.gif