猿人の指導霊/Simian Spirit Guide

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Simian Spirit Guide / 猿人の指導霊 (2)(赤)
クリーチャー — 類人猿(Ape) スピリット(Spirit)

あなたの手札にある猿人の指導霊を追放する:(赤)を加える。

2/2

Elvish Spirit Guideタイムシフトカード。Elvish Spirit Guide同様、クリーチャーとしてよりマナ加速に用いるのが主な役割となるだろう(→戦場に出ないクリーチャー)。カード1枚で赤マナが1つ増えるため、炎の儀式/Rite of Flameの1枚目と同様の効果である。インスタント・タイミングでの起動コスト支払いの要求に応じて起動できる分、1枚目の炎の儀式より上とも言える。マナが不要な状態になっても最悪3マナ2/2として使える点も柔軟性があると言えよう。クリーチャーの質が高いと違い、赤にとってこのサイズは悪くない。

手札から追放するだけなので、どんなデッキに入れても無色マナ相当の加速として使うことができる。ただしあくまで起動型マナ能力であるため、ドラゴンストームなどのストームを利用するデッキでは呪文である炎の儀式/Rite of Flameなどの方が優先して使われる。超起源では、「続唱に引っかからないマナ加速」という特徴が見いだされることでその基本パーツとなった。

土地が全てタップしている状態でもマナを生み出せるため、対戦相手の計算を狂わせることができる。戦闘での粗暴な力/Brute Forceや対戦相手のマナの税収/Mana Tithe対応したマナ生産など。また手札になくとも、対戦相手にこのカードの存在を警戒させて、テンポを奪うことができれば御の字である。

モダンでは貴重な軽量マナ加速として死せる生むかつきグリセルシュートなどの各種コンボデッキの定番カードとなっている他、アミュレット・ブルームでも採用されることがある。

レガシーではベルチャーザ・スパイといった土地を採用しないか極限まで削ったコンボデッキや、ドラゴン・ストンピィペインター・グラインドストーンなどで採用される。

またElvish Spirit Guideと異なりコモンであるためPauperでも使用可能。あまり使われることはないものの、レガシー同様ザ・スパイで採用される。

[編集] 参考

QR Code.gif