ワールドゴージャー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ワールドゴージャー(Worldgorger)は、ヴィンテージに存在する、ナイトメア能力を利用した無限コンボデッキ。デッキ名はキーカードである世界喰らいのドラゴン/Worldgorger Dragonカード名から。2015年1月23日の禁止解除によってレガシーでも組むことが可能になった。

[編集] 概要


Worldgorger Dragon / 世界喰らいのドラゴン (3)(赤)(赤)(赤)
クリーチャー — ナイトメア(Nightmare) ドラゴン(Dragon)

飛行、トランプル
世界喰らいのドラゴンが戦場に出たとき、あなたがコントロールする他のパーマネントをすべて追放する。
世界喰らいのドラゴンが戦場を離れたとき、世界喰らいのドラゴンが追放したカードをオーナーのコントロール下で戦場に戻す。

7/7


Animate Dead / 動く死体 (1)(黒)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(墓地にあるクリーチャー・カード)
動く死体が戦場に出たとき、それが戦場に出ている場合、それは「エンチャント(墓地にあるクリーチャー・カード)」を失い、「エンチャント(動く死体により戦場に出たクリーチャー)」を得る。エンチャントされているクリーチャー・カードをあなたのコントロール下で戦場に戻し、動く死体をそれにつける。動く死体が戦場を離れたとき、そのクリーチャーのコントローラーはそれを生け贄に捧げる。
エンチャントされているクリーチャーは-1/-0の修整を受ける。



Ambassador Laquatus / ラクァタス大使 (1)(青)(青)
伝説のクリーチャー — マーフォーク(Merfolk) ウィザード(Wizard)

(3):プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分のライブラリーのカードを上から3枚、墓地に置く。

1/3

何らかの手段で世界喰らいのドラゴン/Worldgorger Dragon墓地落とした後、動く死体/Animate Deadネクロマンシー/NecromancyDance of the Deadでも同様)で世界喰らいのドラゴンを戦場戻す。すると、以下の無限ループが成立する。

  1. 世界喰らいのドラゴンのCIP能力により動く死体が追放される。
  2. 動く死体が戦場を離れたことにより、世界喰らいのドラゴンが生け贄に捧げられ、墓地に落ちる。
  3. 世界喰らいのドラゴンが戦場を離れたときの誘発型能力によって、動く死体が戦場に戻る。動く死体をつける先として、いま墓地に落ちた世界喰らいのドラゴンを指定し(CR:303.4f)、再び1に戻る。

追放されたカードが戻ってくる場合、全てのカードはアンタップ状態で戻ってくる。そうして戦場に出た土地マナ・アーティファクトタップマナを出すことを繰り返すことで、無限マナを生み出せる。後はそのマナを使って天才のひらめき/Stroke of Geniusなどでゲームを決めればよい。

エンドカードには、ラクァタス大使/Ambassador Laquatusなどのクリーチャーを用いる場合もある。事前に墓地へ落としておいて、十分マナを出したところで動く死体で世界喰らいのドラゴンの代わりに戦場に戻し、膨大なマナで勝利する。天才のひらめきを使うより妨害されづらく安全だが、ドローにも使えるという利点がない分一長一短。

  • このデッキの登場により、世界喰らいのドラゴンはヴィンテージにおけるドラゴンの代名詞に。同環境で"Dragon Deck"と言った場合も大体これである。
  • 登場当時は1ターンキル率が20%を優に超えると言われ、それでなくとも2、3ターン以内に安定してコンボを成立させることが可能であったため、のちに納墓/Entomb制限されて弱体化することとなった。しかし、2009年7月1日より納墓が制限解除となったため、現在では登場当時のようなタイプのデッキを使用することが可能となっている。ちなみにサンプルレシピにあるタイプは納墓が制限されていた時期に考案されたものである。
  • 対策は次元の狭間/Planar Voidで、といきたいところだが、次元の狭間は誘発型能力のため場合によってはコンボを防ぎきれないこともある。後世に登場した虚空の力線/Leyline of the Voidなら確実。
    • 次元の狭間の場合、ワールドゴージャー側はインスタントメントであるネクロマンシーを使い、コンボを対戦相手のターンに実行すればコンボを成立させられる。世界喰らいのドラゴンが戦場から墓地に置かれる際、世界喰らいのドラゴンと次元の狭間の誘発型能力が両方誘発するものの、次元の狭間のコントローラーのターン中であれば誘発型能力は次元の狭間→世界喰らいのドラゴンの順にスタックに積まれるので(CR:603.3b)、世界喰らいのドラゴンの誘発型能力を先に解決できることになる。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60) サイドボード
クリーチャー (13) 3 無のロッド/Null Rod
4 世界喰らいのドラゴン/Worldgorger Dragon 2 新緑の魔力/Verdant Force
3 ザンティッドの大群/Xantid Swarm 2 破滅的な行為/Pernicious Deed
1 スリヴァーの女王/Sliver Queen 2 天啓の光/Ray of Revelation
4 ゴブリンの太守スクイー/Squee, Goblin Nabob 2 剣を鍬に/Swords to Plowshares
1 シヴのヘルカイト/Shivan Hellkite 2 荒残/Rack and Ruin
呪文 (30) 2 聖なる場/Sacred Ground
4 意志の力/Force of Will
3 直観/Intuition
3 動く死体/Animate Dead
3 ネクロマンシー/Necromancy
3 リム=ドゥールの櫃/Lim-Dul's Vault
2 強制/Compulsion
1 残響する真実/Echoing Truth
1 Demonic Tutor
1 吸血の教示者/Vampiric Tutor
1 Ancestral Recall
1 Mox Sapphire
1 Mox Pearl
1 Mox Emerald
1 Mox Ruby
1 Mox Jet
1 Black Lotus
1 太陽の指輪/Sol Ring
1 魔力の墓所/Mana Crypt
土地 (17)
4 Bazaar of Baghdad
3 真鍮の都/City of Brass
4 禁忌の果樹園/Forbidden Orchard
4 宝石鉱山/Gemstone Mine
2 空僻地/Glimmervoid

[編集] 参考

QR Code.gif