スリヴァーの女王/Sliver Queen

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Sliver Queen / スリヴァーの女王 (白)(青)(黒)(赤)(緑)
伝説のクリーチャー — スリヴァー(Sliver)

(2):無色の1/1のスリヴァー(Sliver)・クリーチャー・トークンを1体生成する。

7/7

初の伝説のスリヴァーであるとともに、マジック史上初の一般に流通した5色カード。なお、流通していないものも含めると、1996 World Championに次ぐ2番目の5色カードということになる。

点数で見たマナ・コストが5と、サイズの割に軽いため、再活性/Reanimateする際の負担が小さく便利。そのため当時のリアニメイトでよく見かけた。また、クリーチャーでもあるため自然の秩序/Natural Order戦場に出すことが可能で、初期nWoでもフィニッシャーとしてよく呼び出されていた。1つ前のテンペストにも緑で7/7の新緑の魔力/Verdant Forceが存在したが、細かいところで性質が異なっているので、両方デッキに採用して状況に応じて使い分けることが多かったようだ(以下参照)。

全てのを持ち合わせている都合上色対策カードや(色に対する)プロテクションに何でも引っかかるが、畏怖ブロックできたり、恐怖/Terrorなどの除去が効かなかったりと一長一短。たまに対戦相手十字軍/Crusadeで8/8になることも。

トークン生成スピードは、ノーコストで勝手に湧いてくる新緑の魔力の方が大抵の場合上だが、6マナ以上を自由にできる状況の場合は逆転する。また、インスタント・タイミングで出せることがメリットになる場合もある。さらに、これ自身とトークン共にスリヴァーなので、カウンタースリヴァーを相手にした時などはこれが大きな有利をもたらす。

[編集] ストーリー

スリヴァーの女王/Sliver Queenラース/Rathに生息するスリヴァーの母体であり、高い知能を有する。

プレデター/Predatorの襲撃によって奪われたレガシー/Legacyを巣穴で保管していたが、カーン/Karnの説得に共感を覚え、戦わずに返却した。

[編集] 登場カード

[編集] 参考

QR Code.gif