宝石鉱山/Gemstone Mine

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Gemstone Mine / 宝石鉱山
土地

宝石鉱山は、その上に採掘(mining)カウンターが3個置かれた状態で戦場に出る。
(T),宝石鉱山から採掘カウンターを1個取り除く:あなたのマナ・プールに、好きな色のマナ1点を加える。宝石鉱山の上に採掘カウンターが1個も置かれていない場合、宝石鉱山を生け贄に捧げる。


3回限定で、好きなマナを出せる土地5色地形の1種。

登場当時から、5CGを初めとする多くの多色デッキを支えてきたカードである(→5CB5CG)。使用可能フォーマットエターナルのみになった後もヴィンテージワールドゴージャーなどのコンボデッキを支え、時のらせんスタンダードに復帰してからも多くの多色デッキで活躍している。

3回しか使えないと見るか、3回も使えると見るか。少なくともコンボデッキなら十分過ぎる回数である。

  1. 生け贄マナ能力効果の一部である。つまり、スタックに乗らず直ちに解決される。
    • 最後のカウンターを消費しながらマナを出し、対応して何かをすることはできない。
    • 自身のマナ能力以外の方法(魔力の導管/Power Conduitなど)で採掘カウンターが0個になった場合、この土地は生け贄に捧げられず戦場に残る。ただし、マナを出せない土地になる(理論上は可能だがあまり意味はない)。
  2. 採掘カウンターが残っていれば、バウンスすることで再利用が可能
  3. 第5版ルールでは、最後のマナを出すためのカウンターを取り除いた後、資源の浪費/Squandered Resourcesで生け贄に捧げてもう1マナ出すことができたが、現行のルールでは不可能である。

[編集] 参考

QR Code.gif