リム=ドゥールの櫃/Lim-Dul's Vault

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Lim-Dul's Vault / リム=ドゥールの櫃 (青)(黒)
インスタント

あなたのライブラリーの一番上から5枚のカードを見る。あなたが選んだ回数だけ、あなたは1点のライフを支払い、それらのカードをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置き、その後あなたのライブラリーの一番上から5枚のカードを見てもよい。その後、あなたのライブラリーを切り直し、これによりあなたが見た最後のカードをその一番上に望む順番で置く。


2マナライブラリー操作ができるインスタントライブラリーの一番上から5枚の順番を入れ替えることができるが、その5枚が気に入らなければライフ支払って交換できる。

手札こそ増えないが、ライフによる検索続行が非常に魅力的。3、4点のライフを支払えばデッキの半分くらいはサーチできる。最終的に選んだ5枚の内容によっては、事実上数枚分の教示者を使ったのとほとんど変わらない。

これによって自滅するようなことはないが、教示者と違って1枚挿しのカードをサーチすることは当然向かない。多くの枚数を割いているコンボパーツを同時に揃えたいときなどに特に力を発揮するカードである。

当時のトーナメントである程度使用されていた他、コンボデッキではキーカードを引っ張ってくるのに役立つため、ヴィンテージ等でも長く使われ続けている。

[編集] ライブラリーを一周させる

ライブラリーの枚数が5の倍数でないなら大量のライフを支払うことになるがサーチを1周させることでカードの周期がずれるので強引に欲しいカードの組み合わせを作ることができる。特に2枚のキーカードならライブラリーの枚数が5の倍数でないならライブラリーの枚数に関わらず2組の中にそれぞれ1枚あればいいので探しやすい。ライフが1点でも残ればコンボで勝てるときは戻す際の順番にも気を使おう。ただし、次の組の内容は(最後の組でないなら)不確定であることを留意する必要がある。

ライブラリーを5で割ったときの余りの数を次の5枚のペアに送れるので2枚コンボなら5枚の中にキーカードが1枚きたなら次のペアに混ざれる位置に並び替えて底に置くと次の5枚の中にコンボパーツの残りがあった場合1週することで揃えることができる。

ただしライブラリーの剰余が1枚か4枚のときは3枚のコンボパーツを1週させてでも探すときには事故が剰余が2,3枚のときと違いうまくいかない場合があるので注意。

  • 剰余1枚でコンボパーツ3枚が直前の5枚(の最後の1枚)と合わせてもそろわず、5枚の中にコンボパーツが2枚以上来たときにその5枚の中から1枚、次の5枚の中から4枚という組み合わせになり、当然次の5枚は確定してないのでどちらかを切らねばならない。
  • 剰余が4のときも同様に5枚の組の中から4枚+次の5枚の中から1枚なので、コンボパーツが1枚足りない組+その足りないパーツが次の組にある、という配列でないかぎり揃えることができない。
  • 剰余が2枚か3枚なら前後の組の中から欲しいカードがそれぞれ2枚あっても組み合わせを作れるので柔軟性が高い。
  • 無限ライフがありライブラリーが5の倍数でないならば好きな5枚の組み合わせを作ることができる。

[編集] オラクルの変遷

一時期、「最後に見たカードを一旦ゲームから取り除き切り直した後に取り除いたカードをライブラリーの一番上に置く」ようにするエラッタが出されていたが、Masters Edition再録に伴う2007年9月7日のオラクル更新で、ゲーム外領域を用いないように戻された。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

アライアンスアンコモン2の多色カードサイクル。いずれも友好色2色の組み合わせである。

[編集] ストーリー

リム=ドゥールの櫃/Lim-Dûl's Vaultはその名の通りリム=ドゥール/Lim-Dulの蔵書蔵(イラスト1,2)。小説The Eternal Iceによると、リム=ドゥールの居城、トレッサーホーン/Tresserhornにはこのように貴重な書物が収められている。

[編集] 参考

QR Code.gif