ボーラスの壊乱者、ドムリ/Domri, Anarch of Bolas

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Domri, Anarch of Bolas / ボーラスの壊乱者、ドムリ (1)(赤)(緑)
伝説のプレインズウォーカー — ドムリ(Domri)

あなたがコントロールしているクリーチャーは+1/+0の修整を受ける。
[+1]:(赤)か(緑)を加える。このターン、あなたが唱えるクリーチャー呪文は打ち消されない。
[-2]:あなたがコントロールしているクリーチャー1体と、あなたがコントロールしていないクリーチャー1体を対象とする。その前者その後者と格闘を行う。

3

灯争大戦ボーラス側に付いたドムリ常在型能力パワー強化忠誠度能力マナ加速打ち消されない付与、格闘

常在型能力
オークの軍旗/Orcish Oriflamme相当の全体強化
アグレッシブを信条とする赤緑にとっては常に嬉しい能力。-2能力とのシナジーもありビートダウンを強くサポートしてくれる。非力なマナ・クリーチャーのパワーを増やせるので、序盤にマナ・クリーチャーを展開するストンピィ戦略では非常に有効。
+1能力
一時的なマナ加速に加え、ターン内のクリーチャー呪文打ち消されなくなる
早めにフィニッシャーを投入できる点はもちろん、打ち消しの心配をする必要がなくなるためコントロールデッキに対して特に有利に働く能力。土地を切り詰めがちな赤緑にとって、デッキの安定性確保としても優秀。
-2能力
格闘を行うだけのシンプルな能力。
格闘に使うクリーチャーが必要ではあるが、3マナのプレインズウォーカーがクリーチャー除去をできるのは破格。赤緑という色ゆえザル=ターのゴブリン/Zhur-Taa Goblinグルールの呪文砕き/Gruul Spellbreakerといった質の高いクリーチャーには不足せず、序盤に綺麗に上からの格闘が決まった場合、大きなテンポ・アドバンテージを奪う事が可能。
  • 忠誠度が2しかない時に起動すると、能力解決よりも先にこれが墓地に置かれるため、常在型能力によるパワー強化が無くなった状態で格闘を行うことになる。除去に失敗しないように注意。

パワー強化、マナ加速、格闘の3種類の能力はビートダウン戦略に噛み合うものであり、序盤に理想的な展開ができた時に得られるアドバンテージは大きい。戦場に関与しつつフィニッシャーの登場をもサポートするので、流れに乗れば押し切れる強さを持つ。その反面、ボード・アドバンテージを握られた局面では働きづらいため、グルールが誇る優秀なクリーチャーを採用して序盤から戦場の優位性を得たい。登場後の赤緑ビートダウンでは高い採用率を誇っており、環境に多いマナ・クリーチャーに格闘をしかけて一気に機先を制する場面がよくみられる。

リミテッドでも優秀。クリーチャーを展開しながら出せれば除去としても全体強化としても働き、ゲームを決め得る。

[編集] ルール

+1能力

[編集] 関連カード

[編集] 開発秘話

このカードは元々、アンコモン混成プレインズウォーカーサイクル赤緑であり、格闘を行わせるマイナス能力だけを持っていた。しかしリミテッドで強すぎたことから、レアに格上げされた。

後にすべてのプレインズウォーカーは常在型能力誘発型能力を持つことになり、このカードにはマイナス能力とのシナジーを持つパワー強化能力が追加された。プラス能力はいくつものバージョンが試されたが、最終的に、他の能力同様クリーチャーに関するもので、かつ役割に沿ったものが選ばれた[1]

[編集] ストーリー

ニコル・ボーラス/Nicol Bolasの襲来を文明の終焉と見なし歓迎するドムリ/Domri。だがボーラスにとっては、彼自身も収穫すべきプレインズウォーカーの灯/Planeswalker's Sparkの一つでしかなく……。

詳細はドムリ・ラーデ/Domri Rade (ストーリー)を参照。

[編集] 脚注

  1. War Games/大戦のゲームMaking Magic 2019年4月22日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

QR Code.gif