粗石の魔道士/Trinket Mage

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Trinket Mage / 粗石の魔道士 (2)(青)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

粗石の魔道士が戦場に出たとき、あなたは自分のライブラリーから点数で見たマナ・コストが1以下であるアーティファクト・カードを1枚探し、そのカードを公開し、あなたの手札に加えてもよい。そうした場合、あなたのライブラリーを切り直す。

2/2

CIP能力ライブラリーからほぞカードを持ってくるクリーチャー

3マナ2/2の標準サイズを持ちつつカード・アドバンテージも稼げる。ほぞを多用するトイソルジャーのようなデッキはもちろん、アーティファクト・土地を含むコントロールデッキでもその汎用性が発揮される。単色土地をサーチできるのはうれしい。

フィフス・ドーン発売前は頭蓋骨絞め/Skullclampとのシナジーが注目されていたが、頭蓋骨絞めが禁止カードとなってからは姿を消していた。

その後は真髄の針/Pithing Needle仕組まれた爆薬/Engineered Explosivesといったほぞサーチカードとして活躍している。特に師範の占い独楽/Sensei's Divining Topとは抜群のシナジーを発揮する。複数枚デッキに入れたくないこのカードをサーチできるのみならず、ライブラリーを切り直す機会も得ることができる。相殺/Counterbalanceもあわせて、相殺コントロールではほぼ必須カードとして扱われている。それ以外にもテゼレッター求道者テゼレット/Tezzeret the Seekerとともにアーティファクトサーチに活用されている。

ミラディンの傷跡アンコモンに格上げされて再録された。再録時のスタンダードでは、復讐蔦/Vengevine戦場に出すための0マナアーティファクト・クリーチャー除去脆い彫像/Brittle Effigyマナ基盤永遠溢れの杯/Everflowing Chalice回復ライブラリー修復の不死の霊薬/Elixir of Immortalityフィニッシャーキマイラ的大群/Chimeric Massなどをシルバーバレット的にサーチするユーティリティカードとして活躍している。

CIP能力持ちのウィザードであるため、激浪の研究室/Riptide Laboratoryとの相性のよさも見逃せない。

ヴィンテージでもBlack Lotusや各種Moxを持ってこられるうえ、標準サイズであるため、それなりに強力なサーチカードとして扱われる。

[編集] 関連カード

[編集] 参考

QR Code.gif