砂漠

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

砂漠/Desertは、土地タイプの1つ。これ自体にルール上の意味は無い。


Desert / 砂漠
土地 — 砂漠(Desert)

(T):あなたのマナ・プールに(◇)を加える。
(T):攻撃しているクリーチャー1体を対象とする。砂漠はそれに1点のダメージを与える。この能力は、戦闘終了ステップの間にのみ起動できる。



Shefet Dunes / シェフェトの砂丘
土地 — 砂漠(Desert)

(T):あなたのマナ・プールに(◇)を加える。
(T),1点のライフを支払う:あなたのマナ・プールに(白)を加える。
(2)(白)(白),(T),砂漠(Desert)1つを生け贄に捧げる:ターン終了時まで、あなたがコントロールするクリーチャーは+1/+1の修整を受ける。この能力は、あなたがソーサリーを唱えられるときにのみ起動できる。


第8版で「土地カード名と同じ土地タイプを持つ」というルールが廃止された際、砂漠を参照していたDesert NomadsCamelが存在していたために作られた土地タイプ。

長い間砂漠/Desertだけが持つ土地タイプであり、参照するカードも前述の2枚のみだったが、古代エジプトをモチーフとした次元/Planeアモンケット/Amonkhetを舞台としたアモンケット・ブロックで再登場を果たす。新たに砂漠の土地タイプを持つ土地が多数登場し、砂漠を参照するカードも追加された。

[編集] 参考

QR Code.gif