CAL

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

CAL(Confinement Assault Life)は、壌土からの生命/Life from the Loamを軸にしたコンボデッキ。2005年ローテーション後のエクステンデッドで登場、わずか1ヶ月間でグランプリ優勝者を2名輩出した。デザイナーは三原槙仁、デッキ名はキーカード3枚から。

[編集] 概要


Solitary Confinement / 独房監禁 (2)(白)
エンチャント

あなたのアップキープの開始時に、あなたがカードを1枚捨てないかぎり、独房監禁を生け贄に捧げる。
あなたのドロー・ステップを飛ばす。
あなたは被覆を持つ。(あなたは呪文や能力の対象にならない。)
あなたに与えられるすべてのダメージを軽減する。



Seismic Assault / 突撃の地鳴り (赤)(赤)(赤)
エンチャント

土地カードを1枚捨てる:クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。突撃の地鳴りはそれに2点のダメージを与える。



Life from the Loam / 壌土からの生命 (1)(緑)
ソーサリー

あなたの墓地にある土地カードを最大3枚まで対象とし、それをあなたの手札に戻す。
発掘3(あなたがカードを引く場合、代わりにあなたはあなたのライブラリーのカードを上からちょうど3枚、あなたの墓地に置いてもよい。そうした場合、あなたの墓地にあるこのカードをあなたの手札に戻す。そうしなかった場合、カードを1枚引く。)


壌土からの生命/Life from the Loam発掘能力ライブラリーを掘りつつ、その過程で落とした土地回収してマナを伸ばすと共に、独房監禁/Solitary Confinementアップキープ・コストに充てる。独房監禁によりドローが止まってしまうのでそのままだと発掘できなくなるが、サイクリングランド墓地から回収してサイクリングすることでドローする。追加の回収手段として、永遠の証人/Eternal Witnessも搭載される。

最後は突撃の地鳴り/Seismic Assault手札に溜まった土地を一気にプレイヤーに放つ。三原のバージョンはゾンビの横行/Zombie Infestationも使われていた。

ビートダウン相手では突撃の地鳴りで戦場を一掃できるほか、独房監禁によるロックで時間を稼ぐことも可能。これも壌土からの生命とサイクリングランドの組み合わせによりロックを維持できる。

カウンターに弱いのはコンボデッキの宿命なので仕方がないところだが、手札破壊で対抗できるようになっている。

[編集] エクステンデッド

メインデッキ (60)
クリーチャー (14)
4 極楽鳥/Birds of Paradise
4 桜族の長老/Sakura-Tribe Elder
3 闇の腹心/Dark Confidant
3 永遠の証人/Eternal Witness
呪文 (18)
2 強迫/Duress
2 陰謀団式療法/Cabal Therapy
3 壌土からの生命/Life from the Loam
4 燃え立つ願い/Burning Wish
2 突撃の地鳴り/Seismic Assault
3 独房監禁/Solitary Confinement
2 師範の占い独楽/Sensei's Divining Top
土地 (28)
2 森/Forest
2 山/Mountain
1 沼/Swamp
1 平地/Plains
1 草むした墓/Overgrown Tomb
1 聖なる鋳造所/Sacred Foundry
4 平穏な茂み/Tranquil Thicket
4 やせた原野/Barren Moor
4 忘れられた洞窟/Forgotten Cave
4 樹木茂る山麓/Wooded Foothills
4 血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
サイドボード
3 ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch
1 強迫/Duress
1 陰謀団式療法/Cabal Therapy
2 化膿/Putrefy
1 壌土からの生命/Life from the Loam
2 頭蓋の摘出/Cranial Extraction
2 草茂る屋敷/Overgrown Estate
1 紅蓮地獄/Pyroclasm
1 チェイナーの布告/Chainer's Edict
1 外殻貫通/Hull Breach

[編集] 参考

http://mtgwiki.com/wiki/CAL」より作成
QR Code.gif