アストログライド

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

アストログライド(Astro Glide)は、サイクリングバーンの一種。アストラルスライドアストラルキャノンなど、多くの別名を持つ。

目次

[編集] 概要

サイクリングによりカード引きながら、稲妻の裂け目/Lightning Rift霊体の地滑り/Astral Slideを活用する。


Astral Slide / 霊体の地滑り (2)(白)
エンチャント

プレイヤーがカードを1枚サイクリングするたび、あなたはクリーチャー1体を対象とし、それを追放してもよい。そうした場合、次の終了ステップの開始時にそのカードをそれのオーナーのコントロール下で戦場に戻す。



Lightning Rift / 稲妻の裂け目 (1)(赤)
エンチャント

プレイヤーがカードをサイクリングするたび、あなたは(1)を支払ってもよい。そうした場合、クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。稲妻の裂け目はそれに2点のダメージを与える。


稲妻の裂け目は小型クリーチャー除去プレイヤーへのダメージ源として役立つ。霊体の地滑りはクリーチャーの足止めのほか、裏向き賛美されし天使/Exalted Angel表向きにしたり、地図作り/CartographerなどのCIP能力を何度も再利用したりなど多様な動きができる。

クリーチャーデッキに対して強い耐性をもつデッキであり、サイクリングによってドローがなくても安定性が高いのも強み。登場した当初は「対策されれば消えるだろう」と言われたが、メタの一角として成長しスタンダード落ちまで残り続けた。

サイクリングを重視する性質上、一度でも手札が0になると動きが止まってしまうため、手札破壊は苦手とする。また、消えないこだま/Haunting Echoesを撃たれても壊滅的な状況に追い込まれる。

[編集] スタンダード

アストログライドは元々スタンダードで発祥したデッキであり、オデッセイ・ブロックオンスロート・ブロックの時期からオンスロート・ブロック+ミラディン・ブロック期まで長期にわたって存在した。ただしその構成は時期によって異なる。

最初はサイクリングバーン同様赤白で組まれていたが、その後地図作りやクローサの大牙獣/Krosan Tuskerを使うため赤緑白の3の構成のものが主流になり、スカージで再利用可能なサイクリングカードである永遠のドラゴン/Eternal Dragonが登場した後は再び白赤の2色のものが流行した。永遠の証人/Eternal Witness登場後は緑白エターナルスライドへと派生していった。

[編集] サンプルレシピ1

メインデッキ (60) サイドボード
クリーチャー (17) 3 秘宝の障壁/Relic Barrier
4 永遠のドラゴン/Eternal Dragon 3 酸化/Oxidize
3 クローサの大牙獣/Krosan Tusker 3 銀騎士/Silver Knight
2 ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman 4 すき込み/Plow Under
4 真面目な身代わり/Solemn Simulacrum 2 隔離するタイタン/Sundering Titan
4 永遠の証人/Eternal Witness
呪文 (17)
3 稲妻の裂け目/Lightning Rift
4 霊体の地滑り/Astral Slide
4 新たな信仰/Renewed Faith
4 神の怒り/Wrath of God
2 めった切り/Slice and Dice
土地 (26)
1 山/Mountain
8 平地/Plains
5 森/Forest
1 樹木茂る山麓/Wooded Foothills
3 シヴのオアシス/Shivan Oasis
4 平穏な茂み/Tranquil Thicket
4 隔離されたステップ/Secluded Steppe

[編集] サンプルレシピ2

メインデッキ (60) サイドボード
クリーチャー (6) 1 先祖からの貢ぎ物/Ancestral Tribute
3 永遠のドラゴン/Eternal Dragon 2 浄化の瞑想/Cleansing Meditation
3 賛美されし天使/Exalted Angel 1 滅殺の命令/Decree of Annihilation
呪文 (27) 1 正義の命令/Decree of Justice
4 稲妻の裂け目/Lightning Rift 1 破砕/Demolish
3 霊体の地滑り/Astral Slide 1 永遠のドラゴン/Eternal Dragon
4 新たな信仰/Renewed Faith 1 賛美されし天使/Exalted Angel
3 神の怒り/Wrath of God 2 朝明け/Morningtide
2 めった切り/Slice and Dice 2 抹消/Obliterate
4 燃え立つ願い/Burning Wish 1 圧服/Overmaster
3 正義の命令/Decree of Justice 1 めった切り/Slice and Dice
4 火花のしぶき/Spark Spray 1 神の怒り/Wrath of God
土地 (27)
4 忘れられた洞窟/Forgotten Cave
8 山/Mountain
8 平地/Plains
3 邪神の寺院/Temple of the False God
4 隔離されたステップ/Secluded Steppe

[編集] オンスロート・ブロック構築

スタンダードに続いて、オンスロート・ブロック構築でも活躍した。スカージ参入後も永遠のドラゴン/Eternal Dragon正義の命令/Decree of Justiceなどを獲得し、常にメタゲームの中心を担い続けた。


Imperial Hellkite / 皇帝ヘルカイト (5)(赤)(赤)
クリーチャー — ドラゴン(Dragon)

飛行
変異(6)(赤)(赤)(あなたはこのカードを、(3)を支払うことで2/2クリーチャーとして裏向きに唱えてもよい。その変異コストを支払うことで、それをいつでも表向きにしてよい。)
皇帝ヘルカイトが表向きになったとき、あなたは「あなたのライブラリーからドラゴン(Dragon)・カードを1枚探し、それを公開した上であなたの手札に加える」ことを選んでもよい。そうした場合、あなたのライブラリーを切り直す。

6/6


Akroma's Vengeance / アクローマの復讐 (4)(白)(白)
ソーサリー

すべてのアーティファクトと、すべてのクリーチャーと、すべてのエンチャントを破壊する。
サイクリング(3)((3),このカードを捨てる:カードを1枚引く。)


もともとスタンダードのものを持ってきただけなので、いくつかのカードを代用して構築される。例えば神の怒り/Wrath of Godの代わりにアクローマの復讐/Akroma's Vengeanceなど。後期型になってくると、環境に氾濫する大型クリーチャーに対抗するため、こちらも大型クリーチャーを多用するものが多くなる。

賛美されし天使/Exalted Angelは当たり前であったが、なんと言っても皇帝ヘルカイト/Imperial Hellkiteなどの重すぎるクリーチャーですら一線級であったのには圧巻である。それもこれも霊体の地滑り/Astral Slide変異シナジーのおかげであると言える。

[編集] スカージ後

メインデッキ (61) サイドボード
クリーチャー (13) 3 炭化/Carbonize
2 怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrath 3 窯口のドラゴン/Kilnmouth Dragon
4 永遠のドラゴン/Eternal Dragon 2 奉納/Oblation
3 賛美されし天使/Exalted Angel 4 ショック/Shock
4 銀騎士/Silver Knight 3 拭い去り/Wipe Clean
呪文 (20)
4 稲妻の裂け目/Lightning Rift
2 霊体の地滑り/Astral Slide
4 星の嵐/Starstorm
4 アクローマの復讐/Akroma's Vengeance
2 滅殺の命令/Decree of Annihilation
1 正義の命令/Decree of Justice
3 翼の破片/Wing Shards
土地 (28)
9 平地/Plains
8 山/Mountain
4 忘れられた洞窟/Forgotten Cave
4 隔離されたステップ/Secluded Steppe
1 大闘技場/Grand Coliseum
2 邪神の寺院/Temple of the False God

[編集] 初期型

メインデッキ (60) サイドボード
クリーチャー (10) 4 アヴァラックス/Avarax
2 宝石の手の焼却者/Gempalm Incinerator 3 啓蒙/Demystify
4 賛美されし天使/Exalted Angel 3 優雅の信奉者/Disciple of Grace
2 獅子面のタイタン、ジャレス/Jareth, Leonine Titan 2 怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrath
2 ダールの奉納者/Daru Sanctifier 1 奉納/Oblation
呪文 (23) 2 宝石の手の焼却者/Gempalm Incinerator
4 稲妻の裂け目/Lightning Rift
4 霊体の地滑り/Astral Slide
4 アクローマの祝福/Akroma's Blessing
3 新たな信仰/Renewed Faith
4 星の嵐/Starstorm
4 アクローマの復讐/Akroma's Vengeance
土地 (27)
10 平地/Plains
9 山/Mountain
4 忘れられた洞窟/Forgotten Cave
4 隔離されたステップ/Secluded Steppe

[編集] エクステンデッド

ラヴニカ:ギルドの都参入後のエクステンデッドでは、壌土からの生命/Life from the Loamを獲得したことで注目を集めた。


Life from the Loam / 壌土からの生命 (1)(緑)
ソーサリー

あなたの墓地にある土地カードを最大3枚まで対象とし、それをあなたの手札に戻す。
発掘3(あなたがカードを引く場合、代わりにあなたはあなたのライブラリーのカードを上からちょうど3枚、あなたの墓地に置いてもよい。そうした場合、あなたの墓地にあるこのカードをあなたの手札に戻す。そうしなかった場合、カードを1枚引く。)


サイクリングランド壌土からの生命/Life from the Loamシナジーは非常に強烈である。しかし、サイクリングと壌土からの生命でマナを喰い、稲妻の裂け目/Lightning Rift起動する分が余りにくいことから、稲妻の裂け目を使用しないエターナルスライド、または突撃の地鳴り/Seismic Assaultを投入したCALへと移行することになった。

[編集] レガシー

レガシーでは、クリーチャーを主体とするデッキ数が多いため、謙虚/Humilityまで投入したアンチクリーチャーデッキとして活躍している。


Humility / 謙虚 (2)(白)(白)
エンチャント

すべてのクリーチャーはすべての能力を失うとともに、基本のパワーとタフネスが1/1である。


謙虚を使う都合上、自身もクリーチャーを使いづらくなるため、霊体の地滑り/Astral Slideを用いない通常のサイクリングバーンの方が多く見られる。

[編集] 参考

QR Code.gif