大いなる歪み、コジレック/Kozilek, the Great Distortion

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Kozilek, the Great Distortion / 大いなる歪み、コジレック (8)(◇)(◇)
伝説のクリーチャー — エルドラージ(Eldrazi)

あなたが大いなる歪み、コジレックを唱えたとき、あなたの手札にあるカードの枚数が7枚未満である場合、その差に等しい枚数のカードを引く。
威迫
点数で見たマナ・コストがXであるカードを1枚捨てる:点数で見たマナ・コストがXである呪文1つを対象とし、それを打ち消す。

12/12

強烈な衝撃と共に帰還したエルドラージの巨人の内の1体。能力唱えた時の手札補充、威迫、手札を利用した打ち消し

10マナにして12/12のサイズに威迫と、フィニッシャーとしての戦闘力は充分。チャンプブロックを完全に防げるわけではないが、並のクリーチャーなら毎ターン2体ずつ倒していくことができるだろう。起動型能力によって後続のブロッカー除去に干渉できるのも嬉しい。また、これほどのマナ域に届くためにはマナ加速除去等で手札を消費している場合が多いので、唱えた時のドロー能力もありがたく、もちろん起動型能力との噛み合いも見逃せない。

ネックらしいネックは、10マナという重さ無色マナダブルシンボルによる唱えにくさか。特に重さに関しては、戦場の状況次第ではこれが出てきただけでは手遅れになっていることも考えられるため、これを唱えるまでの時間稼ぎ手段は課題となる。同マナ域の絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hungerと比較すると、より対コントロールデッキ用になっていると言える。

登場時のスタンダードでは、エルドラージ・ランプへの採用が考えられる。手札をマナ加速に変換し、無色マナの出る土地を大量に採用し、いざという時には爆発的植生/Explosive Vegetationなどにより荒地/Wastesを持ってくることも可能と多くが噛み合っている。またこのカードを出したあとに手札で腐ったマナ加速用カードを能力のコストに使うこともできる。ただ、絶え間ない飢餓、ウラモグや約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised Endと比べるとどうしても決定力に欠けてしまうため、採用率は低い。

[編集] ルール

  • 唱えたときの誘発型能力if節ルールの制約下にある。すなわち、唱えた時点で手札が7枚未満であるならば能力が誘発し、そうでない場合誘発自体が行われない。また誘発したとしても、能力の解決時に手札が7枚未満でない場合、この能力は何もしない。
  • 起動型能力を起動するためには適正な対象、つまりスタック上の呪文が必要である。その対象によってXの値が決まり、コストとして捨てられるカードが持つべき値はそれに従う。それらの点数で見たマナ・コストが一致しない限り、能力の起動自体ができない。
    • とりあえず捨てることだけはできる水面院の師範、密/Hisoka, Minamo Senseiとの挙動の違いに注意。密は能力の解決時にのみ双方の点数で見たマナ・コストを参照する。
    • 対象となる呪文がマナ・コストにXを含む場合、そのXは呪文を唱える際に宣言された値である。一方、コストとして捨てられるカードがマナ・コストにXを持つ場合、それは0として扱われる。

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

コジレック/Kozilek多元宇宙/Multiverse全体の脅威であるエルドラージ/Eldraziの内の1体。詳細はコジレック/Kozilekを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif