ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(利用)
(イニストラード・真夜中の狩り~団結のドミナリア期)
 
33行: 33行:
 
[[ラヴニカへの回帰ブロック]]参入後も、[[黒赤緑コントロール#イニストラード・ブロック+ラヴニカへの回帰ブロック期|ジャンド]]などを中心に黒の入ったデッキでよく見受けられる。
 
[[ラヴニカへの回帰ブロック]]参入後も、[[黒赤緑コントロール#イニストラード・ブロック+ラヴニカへの回帰ブロック期|ジャンド]]などを中心に黒の入ったデッキでよく見受けられる。
  
====イニストラード・真夜中の狩り~団結のドミナリア期====
+
====イニストラード:真夜中の狩り~団結のドミナリア期====
  
 
[[団結のドミナリア]]にて[[再録]]された際も、黒単[[ミッドレンジ]]等のデッキにおいて早速活躍を見せている。[+1]能力で自分が捨てるのにうってつけな[[しつこい負け犬/Tenacious Underdog]]や[[教団の徴集兵/Cult Conscript]]と同居しているのも追い風。ストーリー上も関係のある[[鴉の男/The Raven Man]]とも強いシナジーを形成する。
 
[[団結のドミナリア]]にて[[再録]]された際も、黒単[[ミッドレンジ]]等のデッキにおいて早速活躍を見せている。[+1]能力で自分が捨てるのにうってつけな[[しつこい負け犬/Tenacious Underdog]]や[[教団の徴集兵/Cult Conscript]]と同居しているのも追い風。ストーリー上も関係のある[[鴉の男/The Raven Man]]とも強いシナジーを形成する。
40行: 40行:
  
 
*苦手とするのは[[婚礼の発表/Wedding Announcement]]のような[[トークン]]横展開カード。[[サイドボード]]からは[[毅然たる援軍/Resolute Reinforcements]]等で対策されることも多い。
 
*苦手とするのは[[婚礼の発表/Wedding Announcement]]のような[[トークン]]横展開カード。[[サイドボード]]からは[[毅然たる援軍/Resolute Reinforcements]]等で対策されることも多い。
 
  
 
===モダン===
 
===モダン===

2022年9月23日 (金) 17:34時点における最新版


Liliana of the Veil / ヴェールのリリアナ (1)(黒)(黒)
伝説のプレインズウォーカー — リリアナ(Liliana)

[+1]:各プレイヤーはそれぞれカード1枚を捨てる。
[-2]:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはクリーチャー1体を生け贄に捧げる。
[-6]:プレイヤー1人を対象とし、そのプレイヤーがコントロールしているすべてのパーマネントを2つの束に分ける。そのプレイヤーは一方の束を選び、その束にあるすべてのパーマネントを生け贄に捧げる。

3

イニストラードで再び登場したリリアナ忠誠度能力手札破壊クリーチャー生け贄強制、パーマネントの生け贄強制。

目次

[編集] 解説

+1能力
プレイヤーへの手札破壊。
継続的に手札破壊ができるため、対戦相手の選択肢を減らし続けることができる。
自分もカードを捨てなければならないが、未練ある魂/Lingering Soulsや、余った思考囲い/Thoughtseizeを捨てればリスクを緩和できる。
時には手札をコスト忠誠度を上げる能力になってしまうときもあるが、大抵は相手と痛み分けの効果になるだろう。
-2能力
悪魔の布告/Diabolic Edict
初期忠誠度からは連続して使えないものの、確実に頭数を減らせるのでリリアナ自身を守ることにつながる。
真の名の宿敵/True-Name Nemesisのような少数精鋭の強力なクリーチャーが活躍するレガシーでは頼りになる。
-6能力
行動か死か/Do or Dieに類似した山分け能力。これは山分けの範囲が広いので、対戦相手を問わず相当なアドバンテージを得ることができる。ただし対戦相手に選択権のある山分け能力であることから最も始末したいカードを取りこぼしてしまう恐れがあり、また出してから起動までに最短でも4ターンかかるので、ビートダウン相手には少々悠長だろう。

+1能力にやや癖があるものの、軽く手札と戦場のどちらも攻められるプレインズウォーカーであり、ゲームの序盤から攻防に渡って活躍できる。コントロール相手に早いターンから出せば完封することもでき、対ビートダウンにおいても対処必須なプレインズウォーカーなので壁役になってくれる。スタンダードのみならず様々な環境で活躍するパワーカード

[編集] 利用

[編集] スタンダード

[編集] ミラディンの傷跡ブロック+イニストラード・ブロック期

青黒コントロールからゾンビデッキまで、を含む様々なデッキで使われる。熟慮/Think Twice墓所這い/Gravecrawlerを捨てることでアドバンテージが取れる上、聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft最後のトロール、スラーン/Thrun, the Last Trollへの貴重な除去手段にもなる。ただし同環境には他にも優秀な墓地肥やし手段・布告系除去が多数存在するため、採用が見送られることも少なくない。

[編集] イニストラード・ブロック+ラヴニカへの回帰ブロック期

ラヴニカへの回帰ブロック参入後も、ジャンドなどを中心に黒の入ったデッキでよく見受けられる。

[編集] イニストラード:真夜中の狩り~団結のドミナリア期

団結のドミナリアにて再録された際も、黒単ミッドレンジ等のデッキにおいて早速活躍を見せている。[+1]能力で自分が捨てるのにうってつけなしつこい負け犬/Tenacious Underdog教団の徴集兵/Cult Conscriptと同居しているのも追い風。ストーリー上も関係のある鴉の男/The Raven Manとも強いシナジーを形成する。

[編集] モダン

モダンでは、ジャンドアブザンなど、コンボデッキ以外の黒系のデッキにおいてはほぼ確実に採用されている。単体除去に頼りがちな同デッキにとっては、メインデッキからでも聖トラフトの霊やぬめるボーグル/Slippery Bogleなどの呪禁持ちを自然に対策できる手段という点でも重宝する。このカードの存在により、萎れ葉のしもべ/Wilt-Leaf Liege強情なベイロス/Obstinate Balothなどの、いわゆる十二足獣/Dodecapod能力を持ったクリーチャーが対策カードとして使われる程である。

レンと六番/Wrenn and Sixは一緒に並べると+1能力によるデメリットを緩和してくれる相方として機能する。

モダンホライゾン2以降では、環境の高速化により3マナですら重く感じられるようになったため、レンと六番の単採用でこのカードを不採用としたレシピも目立っていった。

[編集] エターナル

エターナルでは死儀礼のシャーマン/Deathrite Shamanが健在な頃は、しばしば2ターン目に戦場に現れてそのまま相手を封殺する場面も見られた。BUG Delverジャンドなど、モダン同様にコンボデッキ以外の様々なデッキで採用されている。 死儀礼のシャーマン禁止後もその勢いは衰えておらず、黒を含むデッキの多くで採用されている。

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

強大なアーティファクトである鎖のヴェール/The Chain Veilの力を手にしたリリアナ/Liliana。魂の契約を結んだ悪魔の1体、グリセルブランド/Griselbrandを滅ぼすべく、イニストラード/Innistradの地を訪れた。

詳細はリリアナ・ヴェス/Liliana Vess (ストーリー)を参照。

[編集] その他

[編集] 参考

  1. 2016年最初のプロツアーへの地域予選/2016年最初のプロツアーをめざせ!プロツアー予備予選(PPTQ)に参加しよう!(マジック公式サイト 2016年6月5日)
  2. Mファイル『タルキール覇王譚』編・パート2(Latest Development 2014年9月26日)
  3. 一問一答!(Latest Developments 2015年5月15日)
QR Code.gif