鎖のヴェール/The Chain Veil

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

The Chain Veil / 鎖のヴェール (4)
伝説のアーティファクト

あなたの終了ステップの開始時に、このターン、あなたがプレインズウォーカーの忠誠度能力を起動させていなかった場合、あなたは2点のライフを失う。
(4),(T):あなたがコントロールするプレインズウォーカー1体につき、このターン、あなたはそのプレインズウォーカーの忠誠度能力が起動されていなかったかのように、それの忠誠度能力1つを1回起動してもよい。


オブ・ニクシリス/Ob Nixilisデーモンに変え、リリアナ/Lilianaに強大な力を与え、ガラク/Garrukに呪いをもたらした伝説のアーティファクト。通常は1ターンに1度しか起動できないプレインズウォーカー忠誠度能力を、追加でもう1度起動できるようにする能力を持つが、忠誠度能力を起動しなかった場合には自身ライフを蝕んでいく。

プレインズウォーカーとともに並べられれば毎ターン追加のアドバンテージを得られる上、プラス能力を連続で起動して忠誠度を一気に引き上げることもできるが、単体では役に立たず腐りやすい。唱えるのに4マナ、起動するのに4マナという重さも難点。またペナルティ能力も無視できるものではなく、英雄の破滅/Hero's Downfallなどでプレインズウォーカーが対処されてしまった場合、後続のプレインズウォーカーを引けなければこれ1枚で負けてしまいかねない。

構築ではプレインズウォーカー・コントロールのような、できるだけ多くのプレインズウォーカーが入ったデッキで使用するのが望ましい。あるいはいっそのこと無限コンボを狙うという手もある。登場時のスタンダードカードプールでも、世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwaker4枚(または歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Revelerクリーチャー4体)とラル・ザレック/Ral Zarekとの組み合わせで無限ループが可能。

リミテッドでは神話レアのプレインズウォーカーを手に入れられる確率は低く、仮に手に入れられたとしてもそれをゲーム中に引けるとは限らない。まず使われることのない部類のカードであると言える。

[編集] ルール

2番目の能力の効果は、プレイヤーが持つ「忠誠度能力を起動する権利」を増やすものと思えばよい。ルール上の扱いは探検/Exploreなどの「土地プレイする権利」を増やすカードによく似ている。

  • この能力が解決した時点でまだ忠誠度能力を起動していないプレインズウォーカーは、このターン忠誠度能力を2回起動できる。また解決後に戦場に出たプレインズウォーカーも、忠誠度能力を2回起動できる。
  • これは忠誠度能力を起動できないタイミングでの起動を許可するものではない。追加で起動する忠誠度能力も、通常通りソーサリー・タイミングでしか起動できない。
  • 追加で起動する忠誠度能力は、最初に起動した忠誠度能力と同じものである必要はない。
  • 効果は累積する。例えばこの能力が1ターンに2回解決された場合、各プレインズウォーカーはそのターン忠誠度能力を3回まで起動できるようになる。
  • あくまで「忠誠度能力を起動する権利」を増やすだけなので、忠誠カウンターの増減は行う必要がある。
    • けっして“忠誠度の値を無視して忠誠度能力を起動できるようにする”能力ではない。例えば忠誠度が2しかないプレインズウォーカーの[-8]の忠誠度能力は、やはり起動できない。

[編集] ストーリー

鎖のヴェール/The Chain Veilは、シャンダラー/Shandalarオナッケ/Onakke文明の地下墓地に眠っていた、強大な魔力を秘めたアーティファクトイラスト)。

まだ人間であったころのオブ・ニクシリスがヴェールの噂を耳にし、手に入れたが、その肉体を蝕まれ、最終的にはニクシリスはデーモンとなった。ニクシリスの手からどのようにしてオナッケの地下墓地へ移動したのかは不明。

その後、契約を交わしたデーモンの1体、コソフェッド/Kothophedの命を受けたリリアナによって地下墓地から持ち去られ、以後彼女の武器となる。彼女はヴェールの力を用いてガラクに呪いをかけ、コソフェッド自身を滅ぼし、さらにイニストラード/Innistradグリセルブランド/Griselbrandを滅ぼしたが、やがて気づいた――そのヴェールが、4体のデーモン以上に彼女を束縛する存在となっていることに。

詳細はオブ・ニクシリス/Ob Nixilisリリアナ・ヴェス/Liliana Vess (ストーリー)およびガラク/Garrukを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif