無限

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

無限(Infinity)とは、限りのないこと。しかし、マジックのルールにおいて「無限」というものは存在せず、「いくらでも大きい」という意味で使われる。

  • かつては総合ルールにも直接「無限は存在しない」旨が明記されていたが、現行の総合ルールでは直接的な記載はない。
  • ゲームが、ある一群の行為を永久に繰り返すこと(これを無限ループと呼ぶ)が可能な状況にあるとき、無限ルールの存在により、予め繰り返す回数を指定してその手順を省略することができる。その際も、マジックに無限は存在しないため、無限回を指定することはできない。1万回なら1万回、1億回なら1億回と、有限の整数のみが指定可能である。
  • たとえ阻止不可能なコンボからいくらでもマナが生産できる状況にあったとしても、生み出されるマナは常に有限である。
  • アンヒンジドMox Lotusは完全にこのルールに反しているが、銀枠なので気にしない。

[編集] 参考

QR Code.gif