Booster Tutor

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Booster Tutor (黒)
インスタント

封をされたままのマジックのブースターパックを1つ開け、それらのカードを公開し、その内の1枚をあなたの手札に加える。(次のゲームの前には、そのカードをデッキから取り除くこと。)


銀枠教示者ライブラリーからではなく、なんとブースターパックからカードを持ってくる。

ゲーム中にブースターパックを開封させるという、実に銀枠然とした一枚。使っているデッキカラーに合い、なおかつ有用であるカードが必ずしも封入されているとは限らないため、の要素が強い印象を受ける。しかし、開封するブースターは自分で選んで用意できる点がミソで、カード・セットやブースターに関する十分な知識(と資金)があれば見た目よりずっと多様かつ柔軟な戦術を取ることが可能となっている。

例えば最序盤、手札土地事故気味であれば基本土地枠が存在するブースターを開封することでほぼ確実に(後述)なんらかの基本土地が手に入る(→ブースターパック#基本土地カード)。2色地形が欲しいならドラゴンの迷路運命再編などがよい(→変則的な稀少度)。中盤にクリーチャーが確実に欲しければ、収録カードが全てがクリーチャー・カードであるレギオンを開けるのがよいだろう。変異持ちがいるセットなので、最悪どの色でも使える無色の3マナ2/2の戦力を入手できる可能性が高いという点も見逃せない。ほかにも、黒緑デッキならゴルガリ団/The Golgariのカードが含まれるラヴニカ:ギルドの都ラヴニカへの回帰などを、とにかくカードパワーの高いカードが必要ならマスターズ・シリーズGuilds of Ravnica Mythic Editionを、といった具合である。変わったところでは、「内容が判明している特殊なブースターパック」を利用するのも手だろう。例えば解呪/Disenchantが欲しければ第7版スターターセットの拡張用ブースターから確実に入手できる。

この手のカードのお約束として、精神隷属器/Mindslaverなどと併用することで対戦相手にブースターを故意に開封させる事が可能。それを狙ったマネデスもできる。さらにやり方次第では、自分がそのブースターから出たカードのオーナーになる事も可能(詳しい方法については、マネデスの項を参照)。

  • プレミアム・カードが基本土地枠に封入されるブースターも存在するので、ブースターによってはプレミアム・カードを引き当ててしまうと基本土地を入手できないことがある。万全を期すならリバイズド以前の基本セットアングルードなどを開封したい。
  • 「新製品の登場によって選択肢が増えるため、年月を経るほどに強力になっていく」というカードは多いが、これはその最たるものだろう。

[編集] ルール

[編集] 関連カード

ブースターパックを開封させる効果を持ったカード。特筆のない限り銀枠

[編集] その他

Real men use Arabian Night boosters.
真の男はアラビアンナイトのブースターを使うもんだ。

[編集] アリーナ・リーグプロモ

2004年アリーナ・リーグプロモとして、Heather Hudsonによる新規イラストのこのカードが配布された。

Make your judgement wisely: The right pack will let you defeat your nemesis, but a poor choice can only end in torment. And Homelands.
賢い判断(judgement)のために: 正しいパックを選べば宿敵(nemesis)を倒せますが、ダメなパックを選んだら苦痛(torment)に終わるだけです。ホームランドとか。

[編集] 参考

QR Code.gif