リバイズド・エディション

提供:MTG Wiki

リバイズドから転送)
移動: 案内, 検索

リバイズド・エディション(英:Revised Edition、略号:RV3E3ED、略称:リバイズド、俗称:第3版改訂版)は、3番目の基本セット。収録カードは全306種類で、1994年4月に発売が開始された。同年にイタリア語、ドイツ語およびフランス語で初のセットとなる限定版が発売され、同年末にはフランス語の、1995年にはイタリア語とドイツ語の通常版も発売されている。

目次

[編集] 概要

史上3番目の基本セット

アンリミテッド後に2つのエキスパンションアラビアンナイトアンティキティー)が発売されたことを受けて、基本セットとして初めて収録カードの改定が行われた。これによりパワー9などのあまりに強力なカードやあまりに複雑な効果を持つカードは除外されることとなったが、太陽の指輪/Sol RingDemonic TutorWheel of Fortuneなど、現在の基準からすればかなり強力なカードも多く再録された。

英語版のカードの色調が全体的に淡く、他のセットにある外枠と内枠の境の立体表現が省略されているのが印刷上の特徴であり、この版の基本土地などを好んで使うプレイヤーも多い。

最も長い間販売されていた基本セットであったため、生産枚数も多く、一部のレアカードなどは第4版以降のものよりも安く取り引きされている。

カードデザインに関した変更も行われており、マジック初のタップ・シンボル(○内に斜めのT字)が採用された。これにともない、アーティファクトからモノ・アーティファクトポリ・アーティファクトコンティニュアス・アーティファクトの表記が廃止され、全体的にカードテキストがより短く解りやすくなった。

リバイスドは英語版では第三版に相当するが、イタリア語版では黒枠の限定版と白枠の第二版という名称になっており、改訂版の名称は用いられていない。 ドイツ・フランス語版に於いても、特には改訂版の名前が使われず、単純にその国初の基本セットという扱いになっている。

イタリア語版では英語版と同様のビニール製のブースターパックだが、フランス語版とドイツ語版では第4版と同様のアルミパックとなっている。

[編集] レアリティ

英語版のスターターデッキは前期生産ロットと後期生産ロットでレアの封入数に差がある。前期生産ロットはアンリミテッドを踏襲し、レア枠は2枚、アンコモン枠は13枚である。後期生産ロットではレア枠は3枚、アンコモン枠は12枚に変更された。(ブースターパックに関しては、レア枠は1枚、アンコモン枠は3枚と変更は無い)

基本土地枠は存在せず、アンコモン枠とコモン枠に一定の確率で基本土地が印刷されていた。

  • アンリミテッドとは違い、レア枠に関しては基本土地が出なくなった。
  • 封入確率の詳細についてはこちら

[編集] ラインナップ

  • 2プレイヤー・ギフトボックス(英語版のみ)

スターターデッキ相当のデッキ2つ(中身はスターターデッキと同じランダム)・ライフカウンター用おはじき(青と水色で全30個)・おはじき用の巾着・大きくして読みやすくしたルールブックが同梱されたギフトボックス。(当時の定価は19.95アメリカドル)

パッケージ外観はリバイズド・エディションのスターターをそのまま大きくしたデザイン。同様の物が第4版でも発売されておりパッケージ概観が酷似しているが、リバイズド版は裏箱に機械仕掛けの獣/Clockwork Beastサバンナ・ライオン/Savannah Lionsのイラストが載っている事で見分ける事が出来る。

[編集] 国内におけるイタリア語版の役割

リバイズドは安価であったため、国内では新品のデュアルランドを入手する手段として重宝された。

他言語版よりもさらに長い間(1997年まで)販売されたイタリア語版白枠は特に安く、テンペスト発売当時でも、英語版の第4版より若干割高という程度の価格で購入することができた。このため、国内のプレイヤーの間では「イタリアではいまだにリバイズドが印刷され続けている」という噂がささやかれたという。

デュアルランドは全10種類と多いため、ブースター36パックから構成されるディスプレイボックスを1箱開封すれば3~5枚程度得ることができたし、その他にも神の怒り/Wrath of Godハルマゲドン/Armageddonネビニラルの円盤/Nevinyrral's Diskが数枚手に入る可能性が高かったため、エクステンデッド以外のために購入しても得をすることができた。当時はブースターにも基本土地が含まれていたため、大量に開封した後は基本土地の山ができたという逸話もある。

イタリア語版白枠リバイズドの色調やカード枠、タップシンボル、マナ・シンボル、権利表示は第4版のものに準拠している。おまけに年度表示まで1995年と第4版と同じなため見分ける事が非常に難しい。 なお、ドイツ語版白枠も同じフォーマット、フランス語版白枠は1994年表記で白マナ・シンボルが古いものになっている。


[編集] エラー

[編集] 関連リンク

[編集] 参考

QR Code.gif