マジック・リーグ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マジック・リーグ/Magic Leagueは、認定大会の1種。店舗内で一ヶ月の期間で開催される小型トーナメント。あらゆる技術レベルのプレイヤーが好きなときにマジックを楽しめることを目標としたカジュアルな雰囲気のイベント。

[編集] 概要

参加するプレイヤーは専用のストレージ・ボックス、マッチ記録カードと3つのブースターパックフォーマットは指定されていない)を受け取り、30枚以上のデッキ構築する。

プレイヤーは店内のリーグ参加者と自由にマッチを行うことができ、一ヶ月の間の総合成績を競う。特別なルールとして、「1マッチは1ゲームで勝敗が決まる」「1マッチ中に一回フリー・マリガン手札を減らさないマリガン)が行える」がある。

一週間に1回、あるいはプレイヤーが3回負けるたびに、プレイヤーは自身のカードプールにブースターパックを1つ追加することができる。

10回以上プレイしたプレイヤーには、シーズン中の最新エキスパンションの、エキスパンション・シンボル透かしの入ったプレミアム・カード仕様のプロモーション・カードが進呈される。

  • カラデシュ・シーズンから試験的に開催され、アモンケット・シーズンで正式に導入された[1]イクサラン・シーズンからはプロモーション・カードの配布が行われるようになった。
    • イクサランではプロモーション・カードのイラストはセットの物と同じだったが、イクサランの相克から新規イラストが使用されるようになった。

[編集] プロモーション・カード

シーズン 期間 カード名 備考
基本セット2019 2018年7月16日~ 聖遺の塔/Reliquary Tower 参考(マジック日本語公式ウェブサイト)
ドミナリア 2018年4月30日~ ザルファーの虚空/Zhalfirin Void 参考(マジック日本語公式ウェブサイト)
イクサランの相克 2018年1月22日~ 進化する未開地/Evolving Wilds 参考(マジック日本語公式ウェブサイト)
イクサラン 2017年10月2日~ 手付かずの領土/Unclaimed Territory 参考(マジック日本語公式ウェブサイト)

[編集] 参考

  1. 『アモンケット』から始まる新たなプログラムウィザーズ・プレイ・ネットワーク 2017年2月13日)
QR Code.gif