波乱の悪魔/Mayhem Devil

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mayhem Devil / 波乱の悪魔 (1)(黒)(赤)
クリーチャー — デビル(Devil)

プレイヤーがパーマネントを1つ生け贄に捧げるたび、クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。波乱の悪魔はそれに1点のダメージを与える。

3/3

プレイヤーパーマネント生け贄に捧げるたびに任意の対象ダメージを与えるデビル

炉の式典/Furnace Celebrationに似ているが、誘発条件がすべてのプレイヤーに広がっている。こちらがコストとして使用する生け贄のほか、リリアナの勝利/Liliana's Triumphなどで対戦相手に強要する生け贄、対戦相手のフェッチランド宝物でもダメージが飛び、サクリファイス無限頑強などの生け贄コンボに対する抑止力としても働く。死せる生/Living Endのような全体生け贄呪文と組み合わせても強力。

登場時のスタンダードでは忘れられた神々の僧侶/Priest of Forgotten Gods炎の侍祭、チャンドラ/Chandra, Acolyte of Flameと相性が良く、黒赤ビートダウンなどで採用されている。災いの歌姫、ジュディス/Judith, the Scourge Divaとは役割が近いが、デッキの戦略が生け贄シナジー寄りの場合はこれを、ビートダウン寄りの場合は全体強化能力を持つジュディスを多めに使うなど併用・使い分けがされている。

エルドレインの王権期のスタンダードでは、食物ギミックと噛み合ったことでジャンド・サクリファイスの主力カードとなった。金のガチョウ/Gilded Gooseマナを生むついでに火力を飛ばし、魔女のかまど/Witch's Oven大釜の使い魔/Cauldron Familiarのコンボが完成すれば自在に戦場を荒らし回ることができる。新たに登場したフェッチランドである寓話の小道/Fabled Passageも環境で広く採用されているため地味にダメージソースとなる。

[編集] ルール

  • 呪文や能力のコスト支払うためにパーマネントが生け贄に捧げられたなら、波乱の悪魔の能力は、その呪文や能力よりも先に解決される。呪文や能力の解決中にパーマネントが生け贄に捧げられたなら、その呪文や能力の解決が全て終わった後に、波乱の悪魔の能力がスタックに置かれる。
  • 波乱の悪魔自身を生け贄に捧げた場合も、能力は誘発する。また波乱の悪魔と同時に生け贄に捧げられた各パーマネントについても、能力は誘発する。
  • どのプレイヤーがパーマネントを生け贄に捧げたかに関わらず、波乱の悪魔の能力はあなたがコントロールする能力であり対象はあなたが選ぶ。
  • 虚空の力線/Leyline of the Voidなどによりプレイヤーが生け贄に捧げるイベントの結果が変化したとしても、波乱の悪魔の能力は誘発する。
  • レジェンド・ルールは単に墓地に置くだけであり能力は誘発しない。一方、同じ状況起因処理でも最終章を迎えた英雄譚は生け贄に捧げられるので波乱の悪魔の能力を誘発させる。

[編集] 参考

QR Code.gif