アンタップ能力

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

アンタップ能力(Untap Ability)は、シャドウムーアで登場した、起動コストアンタップ・シンボルを含む起動型能力の俗称。タップ能力同様、召喚酔い中のクリーチャーのアンタップ能力は起動できない。


Merrow Wavebreakers / メロウの波破り (4)(青)
クリーチャー — マーフォーク(Merfolk) 兵士(Soldier)

(1)(青),(Q):メロウの波破りはターン終了時まで飛行を得る。((Q)はアンタップ・シンボルである。)

3/3

「アンタップ能力を持つクリーチャーが攻撃に参加(もしくはタップ能力を起動)」→「アンタップ能力を起動」→「ブロックにも参加」という、噛み合えば1粒で3度おいしい能力である。

反面、アンタップ能力のみが必要な場合であってもタップ状態でなければ起動できないため、タップさせる手段がなければ攻撃に参加させなければならず、返り討ちに遭う危険性がある。タフネスの低いクリーチャーは、「タッパーでタップしてやる」、「回避能力を付与する」、「タップ能力を付与するオーラをつける」といった工夫が必要。

シャドウムーアにはタップ能力とアンタップ能力の両方を持つパーマネントは存在しないが、上述のようなタップ能力を付与するオーラはある(火の力/Power of Fire)。しかし起動コストがアンタップ・シンボルのみのアンタップ能力は存在せず、必ずマナなどそれ以外のコストが含まれる。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif