白緑コントロール

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

白緑コントロール(White-Green Control)は、緑白で組まれるコントロールデッキの総称。

目次

[編集] 概要

ともにクリーチャーは優秀であるため、コントロールデッキとして組まれることはあまり無く、エンチャントアーティファクト破壊の要素も被っているため2の特性を活かすことは難しい。加えて、戦場の掌握に優れるが呪文に対して無防備という明確な弱点を持つ。

したがって、このデッキカラーのコントロールデッキが組まれるのは独特のコントロール要素がある場合か、よほど戦場が中心となる環境に限られる。

[編集] オンスロート・ブロック+ミラディン・ブロック期

オンスロート・ブロックミラディン・ブロック期のスタンダードでは、同環境白コントロールを足す形で組まれる。


Akroma's Vengeance / アクローマの復讐 (4)(白)(白)
ソーサリー

すべてのアーティファクトと、すべてのクリーチャーと、すべてのエンチャントを破壊する。
サイクリング(3)((3),このカードを捨てる:カードを1枚引く。)



Oxidize / 酸化 (緑)
インスタント

アーティファクト1つを対象とし、それを破壊する。それは再生できない。


緑採用の理由は、この時期のには不足していたアーティファクト破壊の補強のため。親和を強く意識しており、さらに白お家芸の全体除去ライフ回復により対親和に優位に立つことができた。

同時期のウルザトロンもこのカラーパターンで組まれる。

特に、フィフス・ドーン参入後に登場した永遠の証人/Eternal Witness霊体の地滑り/Astral Slideシナジーを中核とするエターナルスライドは、世界選手権04で優勝するほどの活躍を見せた。


Eternal Witness / 永遠の証人 (1)(緑)(緑)
クリーチャー — 人間(Human) シャーマン(Shaman)

永遠の証人が戦場に出たとき、あなたの墓地にあるカード1枚を対象とする。あなたはそれをあなたの手札に戻してもよい。

2/1


Astral Slide / 霊体の地滑り (2)(白)
エンチャント

プレイヤーがカードを1枚サイクリングするたび、あなたはクリーチャー1体を対象とし、それを追放してもよい。そうした場合、次の終了ステップの開始時にそのカードをそれのオーナーのコントロール下で戦場に戻す。


[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (4)
4 永遠のドラゴン/Eternal Dragon
呪文 (29)
4 アクローマの復讐/Akroma's Vengeance
3 正義の命令/Decree of Justice
2 金粉の光/Gilded Light
4 酸化/Oxidize
4 原野の脈動/Pulse of the Fields
4 新たな信仰/Renewed Faith
4 翼の破片/Wing Shards
4 神の怒り/Wrath of God
土地 (27)
4 エルフェイムの宮殿/Elfhame Palace
3 森/Forest
12 平地/Plains
4 邪神の寺院/Temple of the False God
4 吹きさらしの荒野/Windswept Heath
サイドボード
2 ダークスティールの巨像/Darksteel Colossus
2 映し身人形/Duplicant
2 精神隷属器/Mindslaver
4 粛清/Purge
2 刈り取りと種まき/Reap and Sow
3 歯と爪/Tooth and Nail

[編集] オンスロート・ブロック構築

オンスロート・ブロック構築では、爆発的植生/Explosive Vegetationによるマナ加速を活かしたベジテーションのうち、緑白のものも存在した。


Akroma, Angel of Wrath / 怒りの天使アクローマ (5)(白)(白)(白)
伝説のクリーチャー — 天使(Angel)

飛行、先制攻撃、警戒、トランプル、速攻、プロテクション(黒)、プロテクション(赤)

6/6


Explosive Vegetation / 爆発的植生 (3)(緑)
ソーサリー

あなたのライブラリーから基本土地カードを最大2枚まで探し、それらをタップ状態で戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。


詳細はベジテーションを参照のこと。

[編集] ミラージュ・ブロック+テンペスト・ブロック期

ミラージュ・ブロックテンペスト・ブロック期のスタンダードでは、ドルイドの誓い/Oath of Druidsを使用する緑白オースが登場した。


Wrath of God / 神の怒り (2)(白)(白)
ソーサリー

すべてのクリーチャーを破壊する。それらは再生できない。



Oath of Druids / ドルイドの誓い (1)(緑)
エンチャント

各プレイヤーのアップキープの開始時に、そのプレイヤーは自分の対戦相手であるとともに、自分よりも多くのクリーチャーをコントロールしているプレイヤーを対象として選ぶ。前者のプレイヤーは、自分のライブラリーの一番上のカードを、クリーチャー・カードが公開されるまで公開してもよい。そうした場合、そのプレイヤーはそのカードを戦場に出し、これにより公開された他のすべてのカードを自分の墓地に置く。


根囲い/Mulch巻物棚/Scroll Rackシナジーを搭載したターボマルチも登場する。


Mulch / 根囲い (1)(緑)
ソーサリー

あなたのライブラリーのカードを上から4枚公開する。これにより公開されたすべての土地カードをあなたの手札に加え、残りをあなたの墓地に置く。



Scroll Rack / 巻物棚 (2)
アーティファクト

(1),(T):あなたの手札のカードを望む枚数だけ裏向きのまま追放する。あなたのライブラリーのカードを上から同じ枚数だけあなたの手札に加える。その後、その追放されたカードを見てそれらをあなたのライブラリーの一番上に望む順番で置く。


[編集] 黎明期

黎明期には主に二種類のタイプが存在した。

ひとつは当時の緑白が持っていた、圧倒的なパーマネントコントロール力を利用したマス・デストラクション系デッキ。


Disenchant / 解呪 (1)(白)
インスタント

アーティファクト1つかエンチャント1つを対象とし、それを破壊する。



Drop of Honey (緑)
エンチャント

あなたのアップキープの開始時に、パワーが最も低いクリーチャー1体を破壊する。それは再生できない。最も低いパワーを持つクリーチャーが2体以上いる場合、その中の1体を選ぶ。
戦場にクリーチャーが1体もいない場合、Drop of Honeyを生け贄に捧げる。



Land Tax / 土地税 (白)
エンチャント

あなたのアップキープの開始時に、対戦相手1人があなたより多くの土地をコントロールしている場合、あなたはあなたのライブラリーから基本土地カードを最大3枚まで探し、それらを公開し、あなたの手札に加えてもよい。そうした場合、あなたのライブラリーを切り直す。


ボード・コントロールと、土地税/Land Tax破裂の王笏/Disrupting Scepterなどによるアドバンテージに終始する。フィニッシャーは様々で、アーニーゲドンギミックを組み込んだものや、大地の怒り/Force of Natureを利用するものなどがあった。


もうひとつはティタニアの歌/Titania's Songキーカードとしたティタニア・ストライク


Balance / 天秤 (1)(白)
ソーサリー

各プレイヤーは、コントロールする土地の数が最も少ないプレイヤーがコントロールする土地の数に等しい数だけ、自分がコントロールする土地を選ぶ。その後、残りを生け贄に捧げる。同じ方法で、各プレイヤーはカードを捨て、クリーチャーを生け贄に捧げる。



Titania's Song / ティタニアの歌 (3)(緑)
エンチャント

すべてのクリーチャーでないアーティファクトはその能力をすべて失い、そのパワーとタフネスがそれぞれ、その点数で見たマナ・コストに等しいアーティファクト・クリーチャーになる。ティタニアの歌が戦場を離れた場合、この効果はターン終了時まで持続する。


天秤/Balanceなどで戦場リセットし、ティタニアの歌/Titania's Songクリーチャー化したアーティファクトにより殴り倒す

[編集] エクステンデッド(時のらせん期)

秘匿土地召喚の罠/Summoning Trapファッティの高速召喚を狙う緑白秘匿が登場した。


Windbrisk Heights / 風立ての高地
土地

秘匿(この土地はタップ状態で戦場に出る。そうしたとき、あなたのライブラリーのカードを上から4枚見て、そのうち1枚を裏向きに追放する。その後残りをあなたのライブラリーの一番下に置く。)
(T):あなたのマナ・プールに(白)を加える。
(白),(T):このターン、あなたが3体以上のクリーチャーで攻撃していた場合、あなたはその追放されたカードをそのマナ・コストを支払うことなくプレイしてもよい。



Summoning Trap / 召喚の罠 (4)(緑)(緑)
インスタント — 罠(Trap)

このターン、対戦相手1人がコントロールする呪文や能力によって、あなたが唱えたクリーチャー呪文が打ち消された場合、あなたは召喚の罠のマナ・コストを支払うのではなく(0)を支払ってもよい。
あなたのライブラリーの一番上から7枚のカードを見る。あなたは、その中からクリーチャー・カードを1枚戦場に出してもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。



Iona, Shield of Emeria / エメリアの盾、イオナ (6)(白)(白)(白)
伝説のクリーチャー — 天使(Angel)

飛行
エメリアの盾、イオナが戦場に出るに際し、色を1色選ぶ。
あなたの対戦相手は、選ばれた色の呪文を唱えられない。

7/7

[編集] エクステンデッド(ラヴニカ:ギルドの都)

ラヴニカ:ギルドの都で加わった壌土からの生命/Life from the Loamサイクリングランドとのシナジーを有効利用するためエターナルスライドが組まれた。


Life from the Loam / 壌土からの生命 (1)(緑)
ソーサリー

あなたの墓地にある土地カードを最大3枚まで対象とし、それをあなたの手札に戻す。
発掘3(あなたがカードを引く場合、代わりにあなたはあなたのライブラリーのカードを上からちょうど3枚、あなたの墓地に置いてもよい。そうした場合、あなたの墓地にあるこのカードをあなたの手札に戻す。そうしなかった場合、カードを1枚引く。)



Astral Slide / 霊体の地滑り (2)(白)
エンチャント

プレイヤーがカードを1枚サイクリングするたび、あなたはクリーチャー1体を対象とし、それを追放してもよい。そうした場合、次の終了ステップの開始時にそのカードをそれのオーナーのコントロール下で戦場に戻す。



Eternal Witness / 永遠の証人 (1)(緑)(緑)
クリーチャー — 人間(Human) シャーマン(Shaman)

永遠の証人が戦場に出たとき、あなたの墓地にあるカード1枚を対象とする。あなたはそれをあなたの手札に戻してもよい。

2/1

[編集] 参考

QR Code.gif