白日の下に/Bring to Light

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Bring to Light / 白日の下に (3)(緑)(青)
ソーサリー

収斂 ― あなたのライブラリーから、点数で見たマナ・コストが白日の下にを唱えるために支払われたマナの色の総数以下であるクリーチャー・カード1枚かインスタント・カード1枚かソーサリー・カード1枚探し、そのカードを追放し、その後、あなたのライブラリーを切り直す。あなたはそのカードを、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。


収斂型のサーチキャスト呪文ライブラリーからクリーチャーインスタントソーサリー1枚を探しマナ・コストを支払うことなく唱えることができる。

これを唱える際に支払ったマナの数以下の点数で見たマナ・コストカードしか探せないため、最大でも5マナのカードしか唱えられず、あらかじめデッキマナ基盤にも気を配っておく必要がある。またソーサリーであるこのカードの効果の中で即座に唱えなければならないという性質から、例えば濃霧/Fogなど、サーチしてもほとんど意味の無いカードもある。 一方でサーチしたカードをタダで唱えることができるため、その他のサーチカード等が持つテンポ面での不利が軽減(何マナのカードをサーチするかにもよるが)されている。また「マナ・コストを支払うことなく唱える」の常として、例えば死せる生/Living Endのようなマナ・コストの無いカードを唱えることもできる。

多色グッドスタッフに組み込んで各色の強力カードにアクセスする手段として使うほか、コンボデッキに組み込んで直接コンボパーツを唱えるために使うことも考えられる。

スタンダードでは、これを4枚採用した5色デッキが登場している。この手のデッキにはまず間違いなく一緒に包囲サイ/Siege Rhinoも4枚採用されており、「5枚目以降のサイ」「5マナのサイ」として働く事も多い。 モダンでは、5枚目以降の風景の変容/Scapeshiftとしてヴァラクートに採用される。サーチ対象が4マナであるため無理に5色にせずとも運用可能。

[編集] ルール

[編集] 参考

QR Code.gif