万全+番人/Warrant+Warden

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Warrant / 万全 (白/青)(白/青)
インスタント

攻撃クリーチャー1体かブロック・クリーチャー1体を対象とし、それをオーナーのライブラリーの一番上に置く。

Warden / 番人 (3)(白)(青)
ソーサリー

飛行と警戒を持つ白であり青である4/4のスフィンクス(Sphinx)・クリーチャー・トークンを1体生成する。


ラヴニカの献身レア分割カードサイクルアゾリウス評議会/The Azorius Senateライブラリートップへのバウンスか、トークン生成

万全は払いのけ/Whisk Away。いわゆるタイム・デストラクションで、テンポを削ぎつつドローを止めて時間を稼ぐことができる。タイミングが限定されているため相手ターン終了ステップ唱えることはできないが、アグロ対策として有用。

番人はセラのスフィンクス/Serra Sphinx相当のスフィンクス・トークンを生成する。他の5マナクリーチャーと比べると決定力は一段落ちるが、それなりのパワー回避能力を持ち警戒ライフも守れるなど、フィニッシャーとしては十分な性能。

生物の総枚数を減らすことなくアグロ対策もこなせるため、コントロールデッキメインデッキから採用しやすい一枚。コントロール同士のミラーマッチでもロングゲームが不利と判断したとき、早期決着のために番人を唱える選択肢がとれるのはありがたい。

リミテッドでは、脅威となるフィニッシャーを生み出せる番人だけでも十分採用に値する。マナが伸び悩んでいる状況でも万全のほうで唱えられるため、腐りにくいのも嬉しい。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカのギルドラヴニカの献身レア分割カードサイクル。左半分がダブルシンボル混成カード、右半分が多色カードになっている。

ラヴニカのギルド
ラヴニカの献身

左半分のイラストにはレアの伝説のクリーチャーサイクル、右半分のイラストにはギルド指導者サイクルから、それぞれ対応するギルド/Guildのキャラクターが描かれている。

[編集] 参考

QR Code.gif