火種

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

火種とは、X火力呪文マナ・コストに含まれる、直接ダメージに影響しないマナのことを指すスラング。例えば火の玉/Fireballの火種は「()」で、溶岩噴火/Volcanic Geyserの火種は「(赤)(赤)」である。

もともと日本語である「火種」の転用:「大きな火を燃やすために最初につける小さな火」のことを指す言葉で、大ダメージを生むX火力を撃つのに必要な「火」のイメージから。

X火力を撃つそのマナ量を相手に示すために「火種に(赤)1つ、ダメージ用に5マナ消費」…などというように使う。霊魂焼却/Soul Burn唱える時には明言しないとドレインの量に差が出るため言い争いの火種になりかねない。

[編集] 参考

QR Code.gif