静める者、エトラータ/Etrata, the Silencer

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Etrata, the Silencer / 静める者、エトラータ (2)(青)(黒)
伝説のクリーチャー — 吸血鬼(Vampire) 暗殺者(Assassin)

静める者、エトラータはブロックされない。
静める者、エトラータがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、そのプレイヤーがコントロールしているクリーチャー1体を対象とする。それを追放し、そのカードの上に殺人(hit)カウンターを1個置く。そのプレイヤーがオーナーであり、追放されていて、殺人カウンターが置かれているカードが3枚以上あるなら、そのプレイヤーはこのゲームに敗北する。静める者、エトラータのオーナーは静める者、エトラータを自分のライブラリーに加えて切り直す。

3/5

ディミーア家/House Dimir伝説の吸血鬼暗殺者クリーチャーを次々と暗殺していき最終的にプレイヤーを手に掛けるが、1回仕事を果たすたびに行方をくらませてしまう。

回避能力によって確実にサボタージュ能力誘発できるため、タイムラグはあるが追放除去として使用できる。3体殺すことができれば勝利となるが、問題は能力を解決するたびにライブラリーに戻ってしまうこと。引き直して唱えて攻撃する、を繰り返すのは流石に悠長すぎるため、多勢の兜/Helm of the Hostストリオン共鳴体/Strionic Resonatorなどで細工しよう。

[編集] ルール

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカのギルドおよびラヴニカの献身レア伝説のクリーチャーサイクル。いずれかのギルド/Guildに所属する2色のクリーチャー

ラヴニカのギルド
ラヴニカの献身

[編集] ストーリー

エトラータ/Etrataディミーア家/House Dimirに所属する吸血鬼/Vampireのスパイ。いつの日かラザーヴ/Lazavを殺し、その地位を奪い取るつもりでいる。

詳細はエトラータ/Etrataを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif