氷雪コントロール

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

氷雪コントロール(Snow Control)は、占術の岩床/Scrying Sheetsによりアドバンテージを稼ぐコントロールデッキの総称。青赤青白など、様々なバリエーションが存在する。


Scrying Sheets / 占術の岩床
氷雪土地

(T):(◇)を加える。
(1)(氷),(T):あなたのライブラリーの一番上のカードを見る。そのカードが氷雪であるなら、あなたはそれを公開してあなたの手札に加えてもよい。((氷)は氷雪パーマネントからのマナ1点で支払うことができる。)



Snow-Covered Island / 冠雪の島
基本氷雪土地 — 島(Island)

(青)



Sensei's Divining Top / 師範の占い独楽 (1)
アーティファクト

(1):あなたのライブラリーのカードを上から3枚見る。その後それらを望む順番で戻す。
(T):カードを1枚引き、その後師範の占い独楽をオーナーのライブラリーの一番上に置く。


占術の岩床を活かすために、基本土地及び一部のパーマネント氷雪のものを用いていること以外は、それぞれの(の組み合わせ)のオーソドックスなコントロールデッキと基本的に同じである。赤が含まれるデッキでは雪崩し/Skredがよく投入される。

占術の岩床は師範の占い独楽/Sensei's Divining Topと相性が良く、これを投入するケースは多い。また師範の占い独楽の投入によって、相殺/Counterbalanceによるソフトロックシナジーが追加されることも多い。

[編集] 氷雪コントロールに含まれるもの

[編集] 参考

QR Code.gif