ハーキルの召還術/Hurkyl's Recall

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Hurkyl's Recall / ハーキルの召還術 (1)(青)
インスタント

プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーがオーナーであるすべてのアーティファクトを、そのプレイヤーの手札に戻す。


プレイヤー1人のすべてのアーティファクト手札戻すバウンス呪文軽いマナ・コストで大量のバウンスができ、アーティファクトを破壊できない青の対アーティファクト手段となる。

自分も対象にできるので、マナ・コストが安価なマナ・アーティファクト、特にMoxと組み合わさると、マナ加速として働く。このコンボを利用したデッキが猛威を振るったが、そのMoxが禁止制限になったため、その力は半減してしまった。だが、ストーム登場後は、このような利用法が再び可能となっている。

対象を取らないバウンスなので破壊不能呪禁プロテクションなどの代表的な除去耐性を無視できる点が買われて、ヴィンテージでは修繕/Tinker経由で出される対処が難しい大型クリーチャーを無力化する目的でメインデッキからの採用率も高い。

モダンにおいては親和が一定の地位を築いており、遅めの青いデッキがその対策としてサイドボードに大量投入することがある。また純鋼ストームが5枚目以降の撤収/Retractとして投入することもある。

  • コントロールしているかどうかではなくオーナーであるかどうかを参照するため、コントロールが変更されている場合などには注意。
  • 対戦相手のアーティファクトだけをバウンスできるので、親和のミラーマッチで劇的に効く。
  • 「召術」であって、「召術」ではない。ちなみに「召還」は「呼び戻す」という意味。「呼び出す」「召喚」とは逆。
  • 第10版イラストは、それ以前のイラストと比べるとものすごい変わり様である。

1999年10月1日よりタイプ1(現ヴィンテージ)で制限カード、タイプ1.5で禁止カードに指定されていたが、どちらも2003年4月1日に解除されている。

[編集] 関連カード

[編集] 参考

QR Code.gif