氷牙のコアトル/Ice-Fang Coatl

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ice-Fang Coatl / 氷牙のコアトル (緑)(青)
氷雪クリーチャー — 蛇(Snake)

瞬速
飛行
氷牙のコアトルが戦場に出たとき、カードを1枚引く。
あなたが他の氷雪パーマネントを少なくとも3つコントロールしているかぎり、氷牙のコアトルは接死を持つ。

1/1

瞬速飛行キャントリップに加え、条件付きの接死を持つ氷雪

エルフの幻想家/Elvish Visionary系のカードとしては点数で見たマナ・コストは変わらなくても多色になった分能力が盛り込まれており、最大化した場合の使い勝手はレガシーで活躍する悪意の大梟/Baleful Strixを凌駕する。接死能力の条件は専用にデッキを組めば中盤以降の達成は難しくなく、戦場に出してからおいおい達成させてもよいため敷居は低い。

同時に登場したアーカムの天測儀/Arcum's Astrolabeとの相性が極めて良く、2ターン目に円滑に氷雪パーマネント3つの条件を満たせる他、色拘束調整、2ターンで2枚分のカードにアクセスできる事など当時のモダン環境における初動の安定性に大きく貢献した。モダン・レガシーではほぼこのカードのためだけに基本氷雪土地を組み込んだバント・カンパニースケープシフトが登場したほか、魂寄せにも採用されるなど活躍し、その存在感たるや実際にこのカードを採用しておらずともの合う基本氷雪土地が立っているだけでファッティでの攻撃を躊躇わせられるブラフが成立するほど。

アーカムの天測儀禁止指定後はモダンでの使い勝手はやや悪くなったものの、単体でも十分に使用に耐える性能を持ちが合うデッキでは活躍する。レガシーでも氷雪コントロールの基本パーツとなった。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

モダンホライゾンレアの2カードサイクル

[編集] 参考

QR Code.gif