自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature's Wrath

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Uro, Titan of Nature's Wrath / 自然の怒りのタイタン、ウーロ (1)(緑)(青)
伝説のクリーチャー — エルダー(Elder) 巨人(Giant)

自然の怒りのタイタン、ウーロが戦場に出たとき、これが脱出していないかぎり、これを生け贄に捧げる。
自然の怒りのタイタン、ウーロが戦場に出るか攻撃するたび、あなたは3点のライフを得てカードを1枚引く。その後、あなたはあなたの手札から土地カード1枚を戦場に出してもよい。
脱出 ― (緑)(緑)(青)(青),あなたの墓地から他のカード5枚を追放する。(あなたはあなたの墓地から、このカードをこれの脱出コストで唱えてもよい。)

6/6

死の国/The Underworldに封じられていた伝説のエルダー巨人の1体。脱出でなければ戦場に残れないが、戦場に出る攻撃するたびライフ回復ドローマナ加速誘発する。

普通に唱えた場合は想起の様に自壊してしまうので基本はソーサリーの様に扱い、墓地に落としてから脱出で唱えなおす事になる。ETB能力自体は1マナ重い代わりにライフ回復が付いた成長のらせん/Growth Spiral。これを活かすためには土地を多めにデッキに入れて指向を特化すべきであるため、登場直後のスタンダードでは成長のらせんと併用されることが多い。ライフ回復によって中盤以降トップデッキしてもアグロデッキ相手にそれなりの選択肢になるのは嬉しい。

脱出で唱える場合は色拘束はきついものの4マナでETBと攻撃誘発が付いた6/6が出てくる圧倒的なマナレシオを誇る。安定して利用するならば伝承の収集者、タミヨウ/Tamiyo, Collector of Tales茨の騎兵/Cavalier of Thornsの様な、アドバンテージを得ながら無理なく墓地肥やしができるカードが必要になってくる。特に茨の騎兵は「3マナ→5マナ→ETBの土地サーチで色拘束調整→脱出」という流れで非常に相性がよい。

今までのマナ加速カードにも中盤以降に腐りにくい性質のものは数多くあるが、フィニッシャーレベルの巨体を兼ねているという点が画期的。土地とマナ加速でスロットが埋まりがちなランプデッキにおいてはそれらとフィニッシャーの含有率を同時に増やせる点が特に嬉しく、手札破壊などでリソースが切れても墓地から再起の可能性が残るのも強力である。

スタンダードではティムール再生シミック・ランプで採用された。ローテーション後はオムナス・ランプに採用されたが、環境を支配しすぎたためすぐに禁止指定を受けた。

パイオニアではスゥルタイ昂揚5色ニヴ=ミゼットで、モダンではバント石鍛冶ウルザデッキタイタン・フィールドなどで採用され、スタンダード外のフォーマットでもそのカードパワーを買われて活躍の場を広げている。

[編集] 禁止指定

2020年9月28日より、スタンダードで禁止カードに指定された[1]

登場直後から問題の兆候はあったが、ゼンディカーの夜明け発売後は水蓮のコブラ/Lotus Cobra創造の座、オムナス/Omnath, Locus of Creationと組み合わせたオムナス・ランプが支配的で、それに対抗するデッキもウーロを使うという環境になっていたため、緑青を含むランプ戦略全体を弱体化させるために禁止された。

[編集] ルール

[編集] 開発秘話

開発秘話については死の飢えのタイタン、クロクサ/Kroxa, Titan of Death's Hunger#開発秘話を参照。

[編集] ストーリー

ウーロ/Uroは、遥か昔にテーロス/Therosを支配していたタイタンの一体(イラスト)。

タイタンの中で最も孤独を好むウーロは、海底にいるときが一番落ち着いている。もし彼が波の下から上がってくるようなことがあれば、海上のあらゆる船が転覆してしまうだろう。有難いことに、彼は死の国/The Underworldで永遠に封印されている。

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 脚注

  1. September 28, 2020 Banned And Restricted Announcement /2020年9月28日 禁止制限告知

[編集] 参考

QR Code.gif