ブラフ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ブラフ (Bluff)はこけおどし、威嚇、ハッタリなどの意味。また、それらによる足止め。もちろん、イカサマとは異なり立派な戦略の1つである。

ブラフは対戦相手が恐れて初めて意味をなすため、

  1. 非公開情報があり(例:未公開の手札変異クリーチャーなど)
  2. なんらかのアクションをとれ(例:アンタップ状態の土地がある、ピッチスペル環境に存在するなど)
  3. 相手にある程度の知識がある(例:対抗呪文/Counterspellを暗示させるブラフでは、対抗呪文を知らない初心者相手には通用しない)

ことが不可欠である。

「非公開の情報に関する発言は、あらゆる意味において、正確である必要はない。非公開の情報の内容を含むブラフは、ゲームに不可欠である。」と公式規定されているように、虚偽の情報を発言する、俗に言う「口三味線」はルールにおいては全く問題がない。ただし、これを嫌う人もいるので、カジュアルプレイにおいては「匂わせる」程度に留めておいたほうが無難である。

  • 例えばパーミッションデッキであれば、アンタップ状態の島/Island手札があればブラフになる。打ち消されるかも、と対戦相手は考えるからである。対抗呪文/Counterspellが存在したかつての環境では、2枚の島によってかなりの行動制限を意識させることができ、逆にパーミッション側は2枚の島をアンタップ状態で残しておくプレイが求められた(もちろんピッチスペルがある環境なら手札があるだけでブラフになる)。

デッキの内容を相手に勘違いさせることもブラフの一種になるであろう。

また、よく使われていたブラフにサイドボードが絡んだものがある。

プレイングにおいて注意すべき点として、あくまでブラフは補助的な役割に過ぎないということがある。例えば対抗呪文を持っていないのに島2つを立て、本来唱えられていた呪文を唱えずテンポを失ってしまうようなことは避けたい。これは、ブラフが有効に働く状況というのが(例え相手がそれを見抜けていなくても)かなり限られているためで、また実利を代償としたブラフは大変にリスクが大きく、相対的なリターンが小さいためである。

  • ブラフをかけることを前提としてデザインされたカードもある(例:詐欺師サイクル)。

[編集] 参考

QR Code.gif