法務官/Praetor

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

法務官/Praetorは、

  1. ファイレクシア/Phyrexiaの役職、ギックス/Gixが務めていた。
  2. 新ファイレクシア/New Phyrexiaを統率する支配者階級。本稿で記す。

かつてヨーグモス/Yawgmothが支配していた次元ファイレクシアは、黒マナのみに関係していた。

しかしファイレクシアの油/Phyrexian oilによりミラディンを浸食し、そこに適合した新たなるファイレクシアは、5色のマナすべてに広がった。

その結果、現在のファイレクシアは5つの異なる派閥に分かれている。

根底にあるファイレクシアの思想はそのままに、その発展の仕方において異なる哲学をもった5つの体系―――それを率いるのが法務官達である。

[編集] 派閥と法務官

彼らはカーン/Karnの肉体と精神を蝕み、新たなる指導者=機械の始祖/Father of Machinesの座につけようと画策している。

ただし、ジン=ギタクシアスはカーンを信用せず、別の者を擁立しようとしている。シェオルドレッドはカーンを抹殺し、自らが機械の始祖に成り代わろうと画策している。ヴォリンクレックス率いる緑の派閥はそもそも指導者をただ一人に絞ること自体を否定している。

[編集] 参考

QR Code.gif