アメジストのとげ/Thorn of Amethyst

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Thorn of Amethyst / アメジストのとげ (2)
アーティファクト

クリーチャーでない呪文は、それを唱えるためのコストが(1)多くなる。


クリーチャーだけ拘束を免れる抵抗の宝球/Sphere of Resistance

デッキ内のクリーチャー比率が低いデッキにとっては、対処できなければ勝敗が傾くほど致命的なカード。逆に、クリーチャーが主力となるデッキに対しては無力である。これにより必然的に、ビートダウンの対コントロールサイドボードといった立ち位置となる。

コントロールデッキでも、軽いアーティファクト除去や、ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman鋳塊かじり/Ingot Chewerなどアーティファクト除去能力を持つクリーチャーがあれば対策は可能。

ヴィンテージでは、スタックス及びMUDの基本パーツとして、頻繁に採用されている。

  • アメジストのとげ自身も「クリーチャーでない呪文」である。2枚目以降を出す場合、そのコストはどんどん重くなっていく。
  • レギオンにはこのカードと同じ能力を持つ輝きの乗り手/Glowriderがいる。

Shopsデッキの弱体化および相互干渉的ゲームプレイの増加を企図して2017年9月1日にヴィンテージで制限カードに指定された(参考/翻訳)。

[編集] 参考

QR Code.gif