ドラフト点数表/ミラディンの傷跡

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
点数表の目安
10点 極めて強力で、見かけたらを変えてでも取るべき
(使うべき)カード。終盤での出現など、止むを得ない事情が
あっても見逃してはいけない、即座にカットすべきカード。
9点 極めて強力で、この1枚のためだけにでも
その色を散らすことを考慮すべきカード。
8点 強力なカードで、色が合っていればデッキに
入らないことはありえない。 だいたいこの辺のカードの
有無がメインカラーの決定基準になる。
7点 メインカラーの主戦力を成すレベルのカード。
(例:4マナ3/3に能力がある、3マナ2/2飛行など。)
6点 戦力として期待できるカード。
(例:4マナ3/3バニラ、3マナ2/2に有用な能力があるなど。)
5点 戦力として使えなくはないカード。デッキに入るボーダーライン。
(例:3マナ2/2バニラ、)
4点 まあ戦力になればラッキー、又は
サイドボードとしてなら使えるカード。
3点 明らかに弱いカード。よほどカードプール
貧弱ならば出番があるかもしれない。
2点 相手のデッキに入っていたら驚くカード。はっきり言って弱すぎる。
1点 いかなる状況においても、メインにもサイドボード後にも
入ることはありえない。これを入れるくらいなら
基本土地を入れた方がマシ

目次

[編集]

7.5点:高僧の見習い/Abuna Acolyte - U
アーティファクト・クリーチャーが多いので2番目の能力が強力。感染デッキの対策にもなる。
8点:拘引/Arrest - C
コモン中で率先すべき除去の1つ。戦闘の無効化に加え、能力起動も封じる。
6点:オーリオックの刃工/Auriok Edgewright - U
金属術デッキ限定かつダブルシンボルなのでデッキを選ぶ。
6点:オーリオックの太陽追い/Auriok Sunchaser - C
金属術デッキで使うこと。1/1のときは除去に注意。
7点:正義の施行/Dispense Justice - U
一発逆転も狙えるアタッカー除去。状況次第で強くも弱くもなる。うまく攻撃を誘おう。
白が攻めの色であるため、環境的にやや噛み合っていない。
9点:エルズペス・ティレル/Elspeth Tirel - M
対応されないかぎり、出た次のターンにはもう[-5]の全体除去能力が使える。
5点:燦爛たる放心/Fulgent Distraction - C
テンポデッキ向け。1ターンの時間稼ぎにもなる。装備品をはずすのはオマケ。
6点:ガルマの保護者/Ghalma's Warden - C
壁。地上を止める。2/4でもそれなりだが、強化されれば4/6。固い。
8点:微光角の鹿/Glimmerpoint Stag - U
オーラやトークンの除去、CIPの再利用、使用済みの三角護符の回収等、幅広くシナジー。
7点:きらめく鷹/Glint Hawk - C
コストが軽く、金属術デッキに難なく入る貴重な飛行戦力。
9点:不退転の大天使/Indomitable Archangel - M
マナ効率のよいフィニッシャー天使。一度達成した金属術を堅固に守る。
7.5点:王の摂政、ケンバ/Kemba, Kha Regent - R
3マナ2/4と単体でも◎。この環境、装備品が多いので2/2を生成するのも容易。活躍する。
7点:ケンバの空護衛/Kemba's Skyguard - C
コモンの2/2フライヤーの1つ。空から殴るのは白の基本。
5点:レオニンの裁き人/Leonin Arbiter - R
サーチ妨害はほぼ意味がない。2マナ2/2としての評価。
5点:ロクソドンの旅人/Loxodon Wayfarer - C
固い防御向けのクリーチャー。使うなら何らかの強化手段が欲しいところ。
8点:マイア鍛冶/Myrsmith - U
金属術やアーティファクト生け贄、マイア等とシナジー。トークンはチャンプブロッカーとして使ってもよい。
8点:剃刀のヒポグリフ/Razor Hippogriff - U
パワー3飛行は攻撃の核。加えて墓地回収とライフ付き。単純にアドバンテージが取れる。
7.5点:存在の破棄/Revoke Existence - C
アーティファクトの脅威に対処するために必須。再生や「破壊されない」能力も無力。
5点:回収の斥候/Salvage Scout - C
この環境、何かは戻せるだろう。優秀なアーティファクトが取れたときの保険に。
5点:主導権の奪取/Seize the Initiative - C
装備品が豊富な環境なので、これを入れる余地がなくなることも多い。
5点:魂の受け流し/Soul Parry - C
ダメージを一方的に防ぐコンバットトリック。感染デッキのサイドボードとして優秀。
9点:太陽破の天使/Sunblast Angel - R
攻撃のお返しに出して相手陣だけ一斉除去。一方的なアドバンテージを稼ぎうる。
6点:太陽の槍のシカール/Sunspear Shikari - C
2マナ2/2で序盤の戦力としては悪くない。回避能力はつかないが、先制攻撃で優位に。
9点:鍛えられた鋼/Tempered Steel - R
金属術デッキを狙いやすい白との相性は良い。アーティファクト・クリーチャーで固めよう。
8点:真実の確信/True Conviction - R
二段攻撃と絆魂とで、押されていようとライフを安全圏に戻しての逆転も可能。
4点:失われし者への祈り/Vigil for the Lost - U
マナが出る後半ほど大量に回復できる。やや悠長なので長期戦向け。
3点:白の太陽の通過/Whitesun's Passage - C
盤面に影響しないので、単発のライフゲインはリミテッドでも使われにくい。

[編集]

9点:銀白のスフィンクス/Argent Sphinx - R
4/3飛行はフィニッシャーに十分。金属術条件を満たすことで除去耐性が増す。
6点:水銀の縛め/Bonds of Quicksilver - C
ややコストが重めのオーラ除去。
8点:闇滑りのドレイク/Darkslick Drake - U
墓地に行くと1ドローが付く。装備品等で強化して攻めに使うか、対飛行用の壁に。
6点:分散/Disperse - C
土地以外のパーマネント全般をバウンスできるので、柔軟な対応が可能。
4点:霧消の場/Dissipation Field - R
攻撃を抑制させ相手の展開速度を落とす。ダメージは受けるので効果は期待薄。
8点:大建築家/Grand Architect - R
色を青に変えて強化。アーティファクト主体のデッキを整えたい。
6点:停止命令/Halt Order - U
打ち消しつきのドロー。打ち消せる対象は様々で、色拘束の弱さからも使い勝手は悪くない。
6点:容赦無い潮流/Inexorable Tide - R
青緑の感染デッキ等で活躍する。何度も増殖を見込めるので、うまく活かせる構成なら強い。
6点:ルーメングリッドのドレイク/Lumengrid Drake - C
準備が整ったゲーム中盤、バウンス付きで2/2飛行が出てくる。悪くはない。
6点:ニューロックの透術士/Neurok Invisimancer - C
戦場に残れば、毎ターン2点のクロック。パワーを強化できるならさらに良し。
5点:板金鎧の海うろつき/Plated Seastrider - C
壁。色拘束が強いため、序盤に出しにくいのが難点。
7点:水銀のガルガンチュアン/Quicksilver Gargantuan - M
素で出ても7/7。厄介なフィニッシャーとして出せるように回避能力をコピーしたい。
7点:謎鍛冶/Riddlesmith - U
アーティファクト詠唱でルーター能力が誘発。手札の質向上を図れて便利。
5点:屑鉄潜りの海蛇/Scrapdiver Serpent - C
この環境ほぼブロックされない。他の候補がなければフィニッシャーにもなりうるが重い。
5点:金切り声のシルカウ/Screeching Silcaw - C
1度に4枚も削るが、ライブラリアウト戦略は他のサポートが少なく狙いにくい。
3点:新たな造形/Shape Anew - R
アーティファクト版の変身/Polymorph。ギャンブル要素が強くアドバンテージは取りにくい。
6点:空長魚の群れ/Sky-Eel School - C
5マナ3/3のフライヤー。メイン青のデッキなら+1点。攻防に活躍、安定して使える。
5点:着実な進歩/Steady Progress - C
増殖1回プラス1ドロー。感染デッキのお供に使えるとベスト。
5点:冷静な反論/Stoic Rebuttal - C
万能の打ち消しだが、序盤からの展開を重視しがちな環境では、マナを構えにくい。
7点:かき鳴らし鳥/Thrummingbird - U
感染デッキなど、なるべく増殖を活かせる構成を整えたい。装備品で強化して攻撃を通そう。
7点:粗石の魔道士/Trinket Mage - U
呪文爆弾など、持ってこられるカード種は限られるが、アドバンテージは確実に取れる。
4点:取り繕い/Turn Aside - C
1マナの除去対策。守りたいカードがある場合に構えておくと安心。
5点:よじれた映像/Twisted Image - U
高タフネスを生かしての一撃必殺狙いや、絡み線の壁/Wall of Tanglecord等の除去に。最低限ドローはできるので無駄にはならない。
3点:空への跳躍/Vault Skyward - C
使い捨ての飛行付与。大抵は飛行の呪文爆弾/Flight Spellbombのほうが良い。
6点:ヴィダルケンのセルターチ/Vedalken Certarch - C
青の金属術コモンの筆頭。土地をタップして相手のマナを縛ることもできる。
8点:決断の手綱/Volition Reins - U
色拘束もきつい6マナだが、コントロール奪取は強力。青に行くのを厭わなければ初手クラス。

[編集]

6点:黒割れのゴブリン/Blackcleave Goblin - C
攻めの感染デッキに。速攻で相手の計算を狂わせよう。
5点:冷たき集いの吸血鬼/Bleak Coven Vampires - C
4点ライフの増減は大きいので、毒狙いでない黒デッキなら普通に入る。
5点:水膨れ地掘り/Blistergrub - C
黒相手の良サイドボード。相手しだいだが渡りは強力。
9点:執行の悪魔/Carnifex Demon - R
-2/-2修正をばら撒いて「ほぼ全体除去」。相手の感染持ちに対しても滅法強い。
6点:伝染病の屍賊/Contagious Nim - C
3マナという軽さから序盤にでも出せる。感染持ちのパワー2は無視できない。
5点:堕落した収穫者/Corrupted Harvester - U
他を犠牲に再生できるとはいえ、6マナなのにタフネスが心もとない。
5点:ドロスバッタ/Dross Hopper - C
飛行はほとんどオマケ。生け贄に捧げるシナジーを利用したいなら投入も可。
5点:瀉血/Exsanguinate - U
感染デッキでない黒なら強力。黒なら感染デッキ狙いが主になりやすく割と安く取れる。
6点:肉体アレルギー/Flesh Allergy - U
相手のクリーチャーを道連れにする除去。危険なマイア/Perilous Myr等を押さえたい。
6点:煙霧吐き/Fume Spitter - C
先出しできる除去。増殖との相性も良し。序盤のマナ・マイアを処理できるので有用。
9点:大霊堂の王、ゲス/Geth, Lord of the Vault - M
オーバーキル感はあるが、能力内で自己完結しており、奪うクリーチャーには困らない。強力。
8点:闇の掌握/Grasp of Darkness - C
唯一の使いやすい黒除去スペル。色拘束は強いが、その分ほぼすべてのクリーチャーに有効。
9点:法務官の手/Hand of the Praetors - R
毒殺を狙う理由としては十分。軸に据えるとデッキが引き締まる。嵌まれば強い。
7点:胆液の鼠/Ichor Rats - U
戦場に出すだけで増殖シナジーが使えるようになる。2/1のサイズも感染デッキには願ったり。
6点:感染の賦活/Instill Infection - C
弱体化もしくはタフネス1の除去。重いが、キャントリップ付きなので使い勝手は悪くない。
3点:記憶殺し/Memoricide - R
リミテッドでは、たいてい相手の危険なカード1枚と引き換えになる。良くてもサイドボード。
5点:モリオックの肉裂き/Moriok Reaver - C
攻撃寄りのバニラ。強化すれば十分戦力になるが、基本、デッキの穴埋め要員。
7点:屍気を飛ばすもの/Necrogen Scudder - U
3マナ3/3飛行は全く申しぶんなし。白に多い2/2飛行は、これで軒並み止まる。
8点:壊死のウーズ/Necrotic Ooze - R
媒介のアスプ/Vector Asp血まなこの練習生/Bloodshot Traineeなど、組みあわせ次第で強力に。
4点:痛ましい苦境/Painful Quandary - R
相手に選択を迫る。終盤なら不要な手札は溜めておけるので、これ単体でライフを削るのは困難。
7点:苦痛鍛冶/Painsmith - U
回避能力持ちに使って打点UP。繰り返し強化でき、しかも接死のおかげで攻撃が通りやすい。
7点:疫病のとげ刺し/Plague Stinger - C
回避能力持ちの感染クリーチャー。装備品で打点を強化しよう。
3点:精神の瘴気/Psychic Miasma - C
1枚捨てさせても戦況は微動だにしないので、基本、アドバンテージを取りにくい。要らない。
3点:秘宝の腐敗/Relic Putrescence - C
相手の三角護符を封じるくらいがせいぜいか。
9点:皮裂き/Skinrender - U
除去能力でアドバンテージを稼げる。黒なら逃す手はない。
9点:荒廃のドラゴン、スキジリクス/Skithiryx, the Blight Dragon - M
再生まで持ち、出されたときの対抗手段が限られる。速攻から、これ単体でも毒殺を狙える。
5点:汚れた一撃/Tainted Strike - C
パワーの高いクリーチャーに唱え一撃毒殺狙い。毒殺を狙ったが、感染持ちが足りない場合に重宝。

[編集]

8点:電弧の痕跡/Arc Trail - U
うまくすれば1対2交換を狙える火力。プレイヤーにも飛ばせ、無駄になりにくい。
5点:突撃のストロボ/Assault Strobe - C
1体を強化するが、ブロックにより容易に防がれてしまうので、使うタイミングに難あり。
7点:連射のオーガ/Barrage Ogre - U
2点飛ばせるのは強いが、計画的な能力の運用が求められる。生け贄シナジーとの相性も良い。
6点:刃族の狂戦士/Blade-Tribe Berserkers - C
金属術の条件を整えれば、6/6速攻で奇襲を仕掛けられる。高パフォーマンス。
6点:血まなこの練習生/Bloodshot Trainee - U
装備品等、パワーを上げる手段は多く存在する。早めにピックしておこう。
8点:知性の爆発/Cerebral Eruption - R
不確定とはいえ全体火力は1対多交換を狙える。2~4点を期待したい。
8点:燃えさし鍛冶/Embersmith - U
タフネス1が多い環境なので、出しておくと相手より優位に立てる。
5点:鉄を食うもの/Ferrovore - C
修正値がバカにならない。炉の式典/Furnace Celebration等とのシナジーを利用したい。
5点:炎生まれのヘリオン/Flameborn Hellion - C
戦場に出た後はブロックされるだろうが速攻5点は脅威。赤黒などのフィニッシャーとしては悪くない。
6点:炉の式典/Furnace Celebration - U
呪文爆弾や模造品とシナジー。組み合わせ次第では、除去や本体火力として能動的に使うことも可能。
8点:感電破/Galvanic Blast - C
金属術があれば4点、なくても2点。小回りが利く除去として非常に優秀。
5点:ゴブリンの小槌打ち/Goblin Gaveleer - C
使い捨て特攻クリーチャーになりやすい。タフネスを強化できると心強い。
9点:蔵製錬のドラゴン/Hoard-Smelter Dragon - R
4マナで破壊し放題。飛行持ちドラゴンは例に漏れずフィニッシャーに。
9点:槌のコス/Koth of the Hammer - M
ブロッカーは必須か。山を多めの構成にして、能力を有効に使いたい。
9点:カルドーサのフェニックス/Kuldotha Phoenix - R
墓地に送っても復活する。サイズが大きく、蘇ったときの速攻も脅威。
5点:カルドーサの再誕/Kuldotha Rebirth - C
軽いアーティファクトを犠牲にトークン3体。パフォーマンスは良し。呪文爆弾との相性もよい。
3点:地形の融解/Melt Terrain - C
土地破壊は、あまり使われても痛手にならない。本体2点火力とみてもコストがイマイチ。
4点:溶鉄の精神/Molten Psyche - R
本体火力。そんなに手札を溜め込まないリミテッドでは、ダメージもそこそこしか出ない。
5点:オーガの装具奪い/Ogre Geargrabber - U
相手に使われた装備品が強いほど強力になるが、相手が装備品を出していないと見劣りする。
5点:オキシダの向こう見ず/Oxidda Daredevil - C
能力を使う機会はなかなか訪れないかも。生け贄シナジー用。
9点:オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter - U
大抵の状況で何かを破壊して場に出てくるので、優位に立てる。見かけたら即、確保。
4点:岩滓の精霊/Scoria Elemental - C
タフネス1なので、1/1ブロッカーで止まってしまうのが残念。
7点:粉砕/Shatter - C
クリーチャーの半分がアーティファクトなこの環境、必須の除去。
8点:トゲ撃ちの古老/Spikeshot Elder - R
タップなしでダメージを飛ばす。パワーが上がればさらに有効活用でき、使い勝手が良い。
5点:トンネルのイグナス/Tunnel Ignus - R
能力はオマケ。2マナ2/1。
7点:金屑化/Turn to Slag - C
ソーサリーとはいえ、タフネス5までを落とせる強力なダメージ呪文。
5点:ヴァルショクの心臓焚き/Vulshok Heartstoker - C
血まなこの練習生/Bloodshot Traineeなど、パワー修正が欲しいカードのお供に。

[編集]

7点:酸の巣の蜘蛛/Acid Web Spider - U
タフネスが高く、飛行をも止める頼もしい存在。装備品が多い環境なので、CIP能力も活躍しやすい。
6点:最上位のティラナックス/Alpha Tyrranax - C
いわゆる「恐竜」アーキタイプの代表的なカード。6マナは軽くはないので、構成は工夫を要する。
7点:苦行主義/Asceticism - R
クリーチャーの除去耐性を上げる。対処手段がない場合は投了コース。やや重いが出す価値はある。
7点:吠える絡みワーム/Bellowing Tanglewurm - U
威嚇はブロッカーを制限できる。ファッティや感染持ちを擁する緑なだけに、効果は強い。
6点:荒廃のマンバ/Blight Mamba - C
感染デッキでなくとも防御に最適。マナを構えて突撃もできる。
4点:突撃の鈍化/Blunt the Assault - C
時間かせぎにしかならない。クリーチャーが並んだ状況なら実質2~3ターン分を稼ぐことも。
6点:甲殻の鍛冶工/Carapace Forger - C
金属術デッキなら安泰。4/4になればクロックを大きく稼ぐ。
6点:屍肉の呼び声/Carrion Call - U
1枚で感染クリーチャー2体分。攻撃宣言に対応して出し、相手の布陣を弱らせる。
4点:銅角笛の斥候/Copperhorn Scout - C
序盤でない限り、1/1は攻撃に行きづらい。
8点:嚢胞抱え/Cystbearer - C
緑の感染デッキの要。タフネスも高く、攻めに回しても相打ちを取られにくい。非感染デッキでもブロッカーとして優秀。
8点:飲み込む金屑ワーム/Engulfing Slagwurm - R
戦闘には滅法強く、討ち取られることがない。マナがかかるので加速手段の用意を。
7点:背教の主導者、エズーリ/Ezuri, Renegade Leader - R
コモンには4種エルフが居り、踏み荒らし能力も活躍しやすい。単体でも5/5トランプル。
5点:エズーリの射手/Ezuri's Archers - C
飛行対策。何もしなければ2/2の飛行持ちと相打ち。タフネスの強化など手を打ちたい。
8点:エズーリの大部隊/Ezuri's Brigade - R
4ターン目の8/8トランプルを止める方法は多くない。金属術デッキを狙おう。
6点:起源の波/Genesis Wave - R
Xを大きくするほど効果も大きい。守りのデッキ向け。一気に盤面をひっくり返しうる。
8点:絡み森の主/Liege of the Tangle - M
8/8の土地が大量に出てくると勝利は目前。重いのでマナ加速があると心強い。
5点:生命鍛冶/Lifesmith - U
デッキの構成次第だが、結構なライフを稼げよう。2/1にしては便利。
6点:腐食獣/Molder Beast - C
感染クリーチャーを抜きにすれば、緑の頼もしい攻撃の要。
8点:化膿獣/Putrefax - R
最後の一押しに使えて強い。ただ、感染デッキでなければ決め手にはなりえない。
8点:真っ二つ/Slice in Twain - U
この環境で重要な除去。やや重いがキャントリップ付き。
8点:絡み森の鮟鱇/Tangle Angler - U
タフネスの高さが頼もしく、除去に強い。相手のクリーチャーを継続的に弱体化する。
7点:テル=ジラードの抵抗/Tel-Jilad Defiance - C

装備品を外したり、アーティファクトのブロッカーをすり抜けたり、活躍の機会は多い。

6点:テル=ジラードの堕ちたる者/Tel-Jilad Fallen - C
パワー3の感染持ち。アーティファクトはこれをブロックできないので、状況次第では強力。
6点:荒々しき力/Untamed Might - C
基本コンバットトリック。Xが大きければ相手にトドメ。感染持ちから一気に毒殺が決まることも。感染デッキならば+1点。
5点:ヴィリジアンのお祭り騒ぎ/Viridian Revel - U
使い勝手は主に相手の状況に依存する。アーティファクト・クリーチャーが多いなら。
5点:風の突き刺し/Wing Puncture - C
フィニッシャーとして出る大型フライヤーは落としにくい。飛行対策としては微妙。
5点:死への抵抗/Withstand Death - C
1ターンだけ有効な除去対策。感染相手だと効果が薄い。

[編集] 多色

9点:滞留者ヴェンセール/Venser, the Sojourner - M
3つの能力はいずれも使える。頼りになるプレインズウォーカー。

[編集] アーティファクト

6点:調和者隊の盾/Accorder's Shield - C
コスト0マナは金属術と好相性。タフネスを上げ打たれ強くすれば、クリーチャーは攻防に活躍する。
8点:アージェンタムの鎧/Argentum Armor - R
こちらで指定したブロッカーをも排除。重いが、対処されなければ効果は推して知るべし。
6点:オーリオックの模造品/Auriok Replica - C
1回限りの軽減。やや控えめ。
7点:逆刺の戦具/Barbed Battlegear - U
パワー修正の装備品としては一級クラス。火力に弱くなるのはご愛嬌。
6点:刃の翼/Bladed Pinions - C
装備に2マナかかるが、回避能力を与えるので強力。感染デッキと相性が良い。
8点:キマイラ的大群/Chimeric Mass - R
序盤なら金属術の補助、後半ならフィニッシャー相応のサイズ。いつでも出せる自由度がウリ。
7.5点:金属の駿馬/Chrome Steed - C
4マナ4/4。金属術デッキなら、攻守の主軸になる。
6点:クローンの殻/Clone Shell - U
これが立っているだけで相手は攻撃しづらい。賭けの要素がありクリーチャーを引けなかったら残念。
8点:伝染病の留め金/Contagion Clasp - U
タフネス1を除去。金属術のお供にも使える軽さ。毎ターン手軽に増殖を起こせるのが魅力。
9点:伝染病エンジン/Contagion Engine - R
相手クリーチャーを時間をかけて全体除去。増殖スピードも早いので活かせるならさらに良し。
7点:銅のマイア/Copper Myr - C
緑のマナ・マイア。金属術の材料として貢献。マナ加速にも。デッキの色と合わなくても取ってOK。
7.5点:死体の野犬/Corpse Cur - C
感染デッキならば、クリーチャー数の確保のためにも回収能力は有用。押さえておきたい。
6点:選別の高座/Culling Dais - U
破壊に対応して少しずつカウンターを貯めて行こう。1マナ残したプレイを。
8点:ダークスティールの斧/Darksteel Axe - U
お手軽パワー強化。回避能力持ちや感染持ちに付くと勝負が決まる。破壊を気にしなくて良い点も安心。
8点:ダークスティールの巨大戦車/Darksteel Juggernaut - R
デッキをアーティファクトで固めればどんどん大きくなる。
6点:ダークスティールのマイア/Darksteel Myr - U
堅固なブロッカーになる。感染クリーチャーには注意。装備品で強化すれば攻めにも使える。
7点:ダークスティールの歩哨/Darksteel Sentinel - U
瞬速を利用しての奇襲ブロックや、警戒&「破壊されない」能力により突撃させられるのも良い。
4点:こだまの飾り輪/Echo Circlet - C
金属術の種にはなるが… 攻撃的なデッキには不向き。
8点:刻まれた勇者/Etched Champion - R
金属術で除去耐性が跳ね上がる。単体では決め手にはなりにくいので、強化と合わせて。
6点:飛行の呪文爆弾/Flight Spellbomb - C
序盤は金属術の達成に貢献し、要らなくなった後半に隙をみて回避能力を付与する。悪くない。
7点:きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol - C
白ならブロックにも使えるので若干有利。オーラやソーサリー除去には強い利点を持つ。
7点:金のマイア/Gold Myr - C
白のマナ・マイア。金属術に貢献。マナ加速に役立つので、優先して取りたい。
5点:黄金の甕/Golden Urn - C
金属術シナジーのために入れてもよい。回復の効果は微々たるもので、アテにはならない。
8点:ゴーレムの職工/Golem Artisan - U
アーティファクト戦力をたくさん集めれば、2マナの強化と飛行付与能力が縦横無尽に活躍するはず。
5点:ゴーレムの鋳造所/Golem Foundry - C
マナ相応の強さ。やや悠長だが、1~2回は苦もなく起動できよう。増殖ともシナジーする。
4点:ゴーレムの心臓/Golem's Heart - U
序盤に出せればかなりのライフを稼げるが、所詮は時間稼ぎ。
7点:生体融合外骨格/Grafted Exoskeleton - U
コストはかかるが感染に加え、強化もできる。破壊されるとクリーチャーも道連れ、要注意。
6点:研磨時計/Grindclock - R
かなり悠長なライブラリ破壊。主軸にはしにくい。増殖とシナジーはする。
7点:大石弓/Heavy Arbalest - U
4マナで装備して2点を飛ばす無色の除去。コントロール能力は高い。感染デッキやソリトン/Solitonと相性良し。
6点:地平線の呪文爆弾/Horizon Spellbomb - C
色マナ安定用のアーティファクト。デッキが3色以上なら緑でなくとも取りたいところ。
7点:胆液爪のマイア/Ichorclaw Myr - C
攻撃が通りやすい。ブロックされてもタフネス3と相打ち。感染デッキ専用ながら、感染デッキでは主戦力。
6点:浸透のレンズ/Infiltration Lens - U
ブロックされにくくする装備。感染持ちの特攻に。
7点:鉄のマイア/Iron Myr - C
赤のマナ・マイア。マナ加速は重要、早めに押さえよう。
6点:カルドーサの鍛冶場主/Kuldotha Forgemaster - R
デッキ内の爆弾アーティファクトを呼び込みたいときに。3/5のサイズもなかなかに固い。
7点:鉛のマイア/Leaden Myr - C
黒のマナ・マイア。マナ加速は重要、早めに押さえよう。
6点:液鋼の塗膜/Liquimetal Coating - U
金属術の達成の補助に。アーティファクトがらみのシナジーが期待できるならデッキに1枚。
8点:活線の鞭/Livewire Lash - R
パワー強化装備。感染との相性も良好。
7点:光明の大砲/Lux Cannon - M
やや悠長だが、厄介なパーマネントを何でも除去。色を問わないので早めにピックを。
6点:メムナイト/Memnite - U
コストが0マナなので、金属術デッキを狙うなら検討に値する。
9点:ミミックの大桶/Mimic Vat - R
墓地に送られた一番強力なクリーチャーを、相手のものだろうとコピーして使える。
7点:精神隷属器/Mindslaver - M
10マナあれば相手の不意もつける。何もできないこともたまにある。相手と盤面の状況しだい。
10点:溶鉄の尾のマスティコア/Molten-Tail Masticore - M
再生により除去も困難。墓地対策されないかぎり、プレイヤーに毎ターン4点。隙がない。
6点:モリオックの模造品/Moriok Replica - C
能力起動でアドバンテージを取れる。黒をやるなら取ってよい。
4点:オパールのモックス/Mox Opal - M
0マナで、ゆくゆくは自身もマナ加速になるが、強い場面は限られる。
9点:マイアの戦闘球/Myr Battlesphere - R
X=4までを保障できるトークンが付き。マイア・シナジーや全体強化と合わせて。
6点:マイアの感電者/Myr Galvanizer - U
マイアのロード。ただしマイアは元のサイズが小さいので、有効に使うのは難しい。
6点:マイアの繁殖者/Myr Propagator - R
自己増殖するマイア。繁殖しだすと全てを絶つまで止まらない。赤・黒の生け贄シナジーと好相性。
7点:マイアの貯蔵庫/Myr Reservoir - R
毎ターン、マイアを回収できる可能性を秘める。強さは取れた他のマイア次第で変化。
6点:屍気の香炉/Necrogen Censer - C
増殖で増やしたりきらめく鷹で回収したい。早いデッキとの相性が良い。
7点:屍百足/Necropede - U
死ぬと置き土産を残す。金属術デッキの補助ブロッカーとしても役立つ高性能。
6点:ニューロックの模造品/Neurok Replica - C
1/4と固いので戦場に残りやすい。大型クリーチャーを戻してテンポを稼げたならば御の字。
5点:虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb - C
黒でなければサイド候補。死体の野犬/Corpse Cur等の対策に。
9点:屍賊の死のマント/Nim Deathmantle - R
凶悪な装備品の1つ。4マナで自動装備できるので、クリーチャーの特攻も気にならない。
7点:起源の呪文爆弾/Origin Spellbomb - C
白の金属術デッキなら確保。起動してもアーティファクト総数が減らないのは美味しい。
8点:パラジウムのマイア/Palladium Myr - U
単純な加速だが、相手よりも2マナ先に行けるのは大きく有利。
6点:恐慌の呪文爆弾/Panic Spellbomb - C
序盤でドローに変えるか、最後まで残すか。相手からすれば終盤が近づくにつれ鬱陶しくなる。
7点:危険なマイア/Perilous Myr - C
墓地に行くときにダメージ2点を飛ばし、1対2交換を狙える。
7点:白金の帝像/Platinum Emperion - M
8マナ相応に強力。場に出ているとライフでは負けなくなる。使うなら8マナが出す工夫を。
9点:先駆のゴーレム/Precursor Golem - R
唱えれば3/3が3体と、マナ効率はきわめて良い。ただしゴーレムが一蓮托生となるので注意。
7点:試作品の扉/Prototype Portal - R
選んだアーティファクト1つを複製して出せる。3回ほど複製できれば十分。
8点:漸増爆弾/Ratchet Bomb - R
アドバンテージを取れる任意のタイミングで起動できるのが魅力。複数除去は頼もしい。
5点:剃刀ヶ原の打つもの/Razorfield Thresher - C
金属術のタネに使うには重すぎ、マナ加速から出すにしてもパッとしない、不遇なクリーチャー。
7点:錆ダニ/Rust Tick - U
戦場に出ている間、相手のアーティファクトの起動や攻撃を封じる。除去されやすいのが玉に瑕。
8点:錆びた秘宝/Rusted Relic - U
ほかに2つアーティファクトがあれば4マナ5/5。火力に強く、コスト・パフォーマンスはなかなか。
6点:剣爪のゴーレム/Saberclaw Golem - C
先制攻撃が付けばクリーチャー戦で有利。赤のクリーチャーの中ではやり手。
4点:類似の金床/Semblance Anvil - R
アーティファクトを追放することが多いだろうか。手札1枚の犠牲が泣きどころ。
7点:銀のマイア/Silver Myr - C
青のマナ・マイア。マナ加速は重要、早めに押さえよう。
6点:嵌め乗りの滑空者/Snapsail Glider - C
ゲームが進めばそのうち3マナ2/2飛行に。飛行を持てば十分に活躍する。
6点:ソリトン/Soliton - C
タフネス4は頼もしい。攻防に活躍できる。
10点:鋼のヘルカイト/Steel Hellkite - R
ブレス能力にパーマネント破壊能力。攻撃がプレイヤーに通りだしたら手が付けられない。
8点:地層の鎌/Strata Scythe - R
なるべく色を寄せよう。修正値が大きいので、回避能力持ちにつくとゲームが終わる。
6点:闊歩するものの装具/Strider Harness - C
1マナという軽さで装備できるので、速攻による不意討ちが効果的。毒殺狙いなら特に。
10点:肉体と精神の剣/Sword of Body and Mind - M
凶悪な装備品その2。1回の効果は派手ではないが、対処できないと厳しい。
7点:シルヴォクの生命杖/Sylvok Lifestaff - C
コストが軽いので金属術デッキと好相性。それ以外のタイプのデッキでも入るのでお早めに。
7点:シルヴォクの模造品/Sylvok Replica - C
壊すものには困らないはず。エンチャントも割れる。
6点:ゲスの玉座/Throne of Geth - U
除去に対応して増殖、感染デッキの補助に。炉の式典/Furnace Celebrationともシナジーを持つ。
6点:災難の塔/Tower of Calamities - R
除去。ドラフトでは使用するのは難しい。
8点:堕落の三角護符/Trigon of Corruption - U
除去は大切。色を問わずに取っても使えるので、早めに確保を。
6点:感染の三角護符/Trigon of Infestation - U
感染デッキのサポートに。ブロッカーとして時間稼ぎにも。
4点:回復の三角護符/Trigon of Mending - U
金属術シナジーは欲しいが、盤面に影響しないライフ回復はなるべくなら遠慮したい。
7点:憤怒の三角護符/Trigon of Rage - U
繰り返し使えるパワー修正。お手軽・打点強化。感染持ちが+3/+0強化されるとやはり脅威。
6点:思考の三角護符/Trigon of Thought - U
やや重く感じるがドローはドロー。使用には耐える。
7点:転倒の磁石/Tumble Magnet - C
回数制限付きタッパー。色を問わず使えるのでお早めに。
5点:媒介のアスプ/Vector Asp - C
1マナという軽さが有り難い感染持ち。
4点:ヴェンセールの日誌/Venser's Journal - R
手札を溜め込んでも効果はライフ回復のみ。5マナと重いのでデッキには入れにくい。
6点:ヴァルショクの模造品/Vulshok Replica - C
タフネス1なので、攻撃が止まりやすいのが難点。置き火力と割り切ろう。
7点:絡み線の壁/Wall of Tanglecord - C
固い壁。序盤のタフネス6は相手の攻撃スピードを大幅に削ぐ。コモンに蜘蛛がいないこともあり貴重な対空ブロッカー。
10点:ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine - M
アドバンテージの塊。倒すと分裂してより面倒に。

[編集] 土地

6点:黒割れの崖/Blackcleave Cliffs - R
2色土地。色が合うなら。この環境は土地事故が起こっても困りにくいので優先度は高くない。
6点:銅線の地溝/Copperline Gorge - R
2色土地。色が合うなら。
6点:闇滑りの岸/Darkslick Shores - R
2色土地。色が合うなら。
2点:微光地/Glimmerpost - C
ライフ数点は無視してよい。選ぶなら基本土地を。
6点:剃刀境の茂み/Razorverge Thicket - R
2色土地。色が合うなら。
6点:金属海の沿岸/Seachrome Coast - R
2色土地。色が合うなら。

[編集] 参考

QR Code.gif