きらめく鷹/Glint Hawk

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Glint Hawk / きらめく鷹 (白)
クリーチャー — 鳥(Bird)

飛行
きらめく鷹が戦場に出たとき、あなたがコントロールするアーティファクト1つをオーナーの手札に戻さないかぎり、それを生け贄に捧げる。

2/2

ペナルティ能力を持つ代わりに1マナにして2/2飛行クリーチャー戦場に出たときにコントロールしているアーティファクトを1つ手札戻す必要がある。

軽いアーティファクトをそろえておけば序盤からアタッカーとして活躍できる。アーティファクトによっては戻すことをメリットに変えることも可能で、同じエキスパンションではマナ能力を使った後のオパールのモックス/Mox Opal蓄積カウンターを使いきった転倒の磁石/Tumble Magnetなどが候補。また、マイア鍛冶/Myrsmithゴーレムの鋳造所/Golem Foundryなど、アーティファクト呪文唱えるたびに誘発する誘発型能力を持つカードとの相性も良い。

構築では、白単アーマーにおいて聖なる秘宝の探索/Quest for the Holy Relicの条件を達成するため、メムナイト/Memniteなどを手札に戻して唱え直すコンボが使われている。聖なる秘宝の探索を使わないアーティファクト多用の白ウィニーでも採用される場合がある。

Pauperではアーティファクトの使い回しを主眼に置くボロスキティで使われる他、優秀な飛行クロックとしてシナジーを考慮せずにサイボーグでも採用される。

[編集] 参考

QR Code.gif