煙霧吐き/Fume Spitter

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Fume Spitter / 煙霧吐き (黒)
クリーチャー — ホラー(Horror)

煙霧吐きを生け贄に捧げる:クリーチャー1体を対象とする。それの上に-1/-1カウンターを1個置く。

1/1

くなった凍らし/Frostling火力ではなく-1/-1カウンターを飛ばす。

クリーチャーにおいては凍らしを凌ぐ使い勝手の良さ。再生軽減頑強破壊不能などに妨害されず、大型クリーチャーも弱体化させることができる。対戦相手がクリーチャーをコントロールしていなければ1マナ1/1バニラとなってしまうのは相変わらず。

リミテッドでは黒の1マナ圏を埋めるいぶし銀として活躍。黒は主戦術に毒カウンター増殖を絡めることも多く、シナジーが見込める。ミミックの大桶/Mimic Vatで最初に刻印するクリーチャーとしても向いている。コンバット・トリックとしても便利で、後半に引いても無駄にならない。

初期のミラディンの傷跡ブロック構築ではよく見かけたカードである。自身を対象に起動することでいつでも自殺可能なので、相手の皮裂き/Skinrenderなどの除去を腐らせることが出来たからである。黒系の増殖コントロールデッキで序盤のブロッカーとして採用されていた。

イニストラード・ブロック導入後のスタンダードでもよく使われている。従来の用途に加え、好きなタイミングで陰鬱条件を達成させたり、+1/+1カウンターを相殺して不死クリーチャーを1回多く生き返らせるなど、自軍のサポート役としても機能するようになったためである。

[編集] 参考

QR Code.gif