甲殻の鍛冶工/Carapace Forger

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Carapace Forger / 甲殻の鍛冶工 (1)(緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) 工匠(Artificer)

金属術 ― 甲殻の鍛冶工は、あなたがアーティファクトを3つ以上コントロールしているかぎり+2/+2の修整を受ける。

2/2

ルーン爪の熊/Runeclaw Bear上位互換の1つ。金属術の条件を達成すると4/4になる。

安定してアーティファクト展開できる構成ならば2マナ4/4と高スペック。最低限であり、アーティファクトも多いエキスパンションなので、リミテッドにおいてはの重要な戦力となる。構築では、装備品などアーティファクトを多く搭載したデッキにおける採用が考えられる。

2マナで元からパワー4または自力でパワー4になることが可能なクリーチャーはエターナル環境でも使用に耐えうることが多い。霊気の薬瓶/AEther Vial梅澤の十手/Umezawa's Jitte墓地対策アーティファクトで支えられればエルフデッキにも活躍の出番はあるかもしれない。

Pauper親和では重宝される。マイアの処罰者/Myr Enforcerに近い性能だが、アーティファクト破壊の影響を直接には受けず、マナ・コストも安定しているのが強み。

[編集] 参考

QR Code.gif