胆液爪のマイア/Ichorclaw Myr

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ichorclaw Myr / 胆液爪のマイア (2)
アーティファクト クリーチャー — マイア(Myr)

感染(このクリーチャーは、クリーチャーに-1/-1カウンターの形でダメージを与え、プレイヤーに毒(poison)カウンターの形でダメージを与える。)
胆液爪のマイアがブロックされた状態になるたび、それはターン終了時まで+2/+2の修整を受ける。

1/1

感染攻撃時限定の武士道2のような能力を持ったマイア戦に狂える浪人/Battle-Mad Roninカードの構造がよく似ている。

しかし浪人とは比べ物にならないぐらい強力で、ブロックされた時+2/+2される能力と感染のシナジーによりリミテッドでは非常に強い。タフネス3とも相打ち可能で、仕留められなくても-1/-1カウンターで弱体化させられると、無色2マナクリーチャーとしては十分な性能。ブロックされなければ毒カウンターで地道にプレッシャーをかけていける。

感染持ちの中でも怨恨/Rancorとの相性が抜群であり、Pauper感染デッキでは軽さも相まって4枚投入されることも多い。登場当初のスタンダードでは相方となるようなカードに恵まれず、屍百足/Necropede疫病のマイア/Plague Myrに立場を奪われていたが、基本セット2013で怨恨が再録されると、緑単色型感染デッキの必須アタッカーとなった。

[編集] 参考

QR Code.gif