研磨時計/Grindclock

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Grindclock / 研磨時計 (2)
アーティファクト

(T):研磨時計の上に蓄積(charge)カウンターを1個置く。
(T):プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分のライブラリーのカードを一番上からX枚、自分の墓地に置く。Xは、研磨時計の上に置かれている蓄積カウンターの数である。


蓄積カウンターを貯めてライブラリー削るアーティファクト

起動コストマナがいらないのは魅力だが、石臼/Millstoneに比べると動き出しが遅いのが難点。しかし増殖通電式キー/Voltaic Keyなどと組み合わせるとかなりのペースで削れるため、それらとのシナジーを意識して使いたい。

[編集] 考察

カウンターをいくつ乗せるのが最適かを計算する。条件は次の通り。

  1. 60枚のライブラリーをライブラリーアウトさせるまで要するターンを計測する。
  2. 自身が先攻とする。
  3. 自身の第2ターン目に研磨時計を戦場に出し、その後毎ターン起動し続ける。
  4. 対戦相手は初期手札7枚とドロー・ステップでのみカード引く。ライブラリー修復やドロー等の呪文は一切使わないとする。
  • 蓄積カウンター1つでは、28ターン目でライブラリーアウトする。
  • 蓄積カウンター2つでは、20ターン目でライブラリーアウトする。
  • 蓄積カウンター3つでは、17ターン目でライブラリーアウトする。
  • 蓄積カウンター4つでは、15ターン目でライブラリーアウトする。
  • 蓄積カウンター5~9つでは、14ターン目でライブラリーアウトする。
  • 蓄積カウンター10個以上になると逆にライブラリーアウトまでのターンが増加していく。

リミテッド(40枚)では蓄積カウンター4つ、11ターン目にライブラリーアウトするのが最速になる。ライブラリーの残り枚数によるが、概ね蓄積カウンター4~5個からライブラリーを削り始めると効率が良い。

  • 参考までに、石臼で同じことをした場合、構築では20ターン目、リミテッドでは12ターン目にライブラリーアウトする。

[編集] 参考

QR Code.gif