スレイベンの検査官/Thraben Inspector

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Thraben Inspector / スレイベンの検査官 (白)
クリーチャー — 人間(Human) 兵士(Soldier)

スレイベンの検査官が戦場に出たとき、調査を行う。(「(2),このアーティファクトを生け贄に捧げる:カードを1枚引く。」を持つ無色の手掛かり(Clue)アーティファクト・トークンを1つ戦場に出す。)

1/2

戦場に出たとき調査を行う献身の勇士/Devoted Heroであり、そのほぼ上位互換

1マナ1/2だけではそこまで魅力的とは言い難いが、調査によりハンド・アドバンテージを失わず、息切れ対策にもなるため扱いやすい。人間なのでサリアの副官/Thalia's Lieutenantをはじめとする部族サポートを得られるのも強み。アーティファクトシナジーを持つカードを支援でき、紛争条件を満たすことも可能と、カラデシュ・ブロックで追加された多くのカードと相性がよいのも魅力。

登場時のスタンダードでは人間ウィニーなどで採用され活躍した。カラデシュ参入後は模範的な造り手/Toolcraft Exemplar密輸人の回転翼機/Smuggler's Copterといった相性のいい相棒に恵まれ、白青フラッシュ赤白機体赤白トークンを支え続けた。CIP能力を買われパンハモニコンに採用された実績もある。霊気紛争追加後は禁止カード発表もあって環境が大きく入れ替わったものの、引き続き赤白機体、赤白人間を支えつつも、緑白トークン白黒アグロなど白絡みのビートダウンデッキで幅広く採用されている。

Pauperでもサイボーグなどのアグロで使用されるほか、ボロスキティ現実の酸などの回収明滅CIP能力を使い回してアドバンテージを稼ぐデッキでも使われる。

[編集] 参考

QR Code.gif