サリアの副官/Thalia's Lieutenant

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Thalia's Lieutenant / サリアの副官 (1)(白)
クリーチャー — 人間(Human) 兵士(Soldier)

サリアの副官が戦場に出たとき、あなたがコントロールする他の各人間(Human)の上に+1/+1カウンターをそれぞれ1個置く。
他の人間が1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、サリアの副官の上に+1/+1カウンターをそれぞれ1個置く。

1/1

教区の勇者/Champion of the Parishリメイク。1マナ重くなった代わり、先に戦場にいる人間+1/+1カウンターをばらまく全体強化CIP能力を得た。人間のロード的存在とも言える。

教区の勇者の最大の短所である「すでに展開が済んだ状態で引くバニラ小粒でしかない」という点が、CIP能力によって補われている。その反面、教区の勇者の最大の長所である「1マナという軽さマナレシオのよさ)」が失われているため、テンポと強化速度で見劣りする。

部族カードとしては扱いやすく、スタンダード人間アグロには大量の1~2マナ人間と共に4枚採用され、主軸を担っている。

  • 明滅などの一時的に追放するカードとの相性は良好。これを明滅させてさらに全体強化を狙えるのはもちろん、他の人間を明滅させて除去などから守ったときについでに少し大きくなるのも嬉しい。
  • 奇妙な幕間/Eerie Interludeなどの複数のクリーチャーを同時に戦場に出すことができるカードと組み合わせると面白い。サリアの副官と同時に戦場に出た人間は、1つ目の誘発型能力の恩恵を受けつつ2つ目の能力も誘発させるため。
    • 具体的に言うと、副官1枚と人間3枚を同時に出すと、副官に3個、他の人間には1個の+1/+1カウンターが乗る。副官4枚だと、互いが互いを強化し合ってそれぞれに6個の+1/+1カウンターが乗る。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

イニストラードを覆う影の各部族ロードクリーチャー。いずれもレアで、自分と同じクリーチャー・タイプに恩恵を与える常在型能力誘発型能力を持つ。

闇の隆盛のロードサイクルドラグスコルの隊長/Drogskol Captainなど)が似通ったものになりすぎていたという反省を踏まえ、それぞれ異なる方法で部族デッキを支援するクリーチャーとしてデザインされた(参考/翻訳)。

[編集] 参考

QR Code.gif