カウンターレベル

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

カウンターレベル(Counter Rebel)は、青白コントロールリベリオンの要素を加味したデッキリクルート能力によって、クリーチャー召喚時にもカウンターの隙ができにくく、ウィニーコントロールそれぞれの欠点を補い、両者の中間的な動きを可能にした。


Lin Sivvi, Defiant Hero / 果敢な勇士リン・シヴィー (1)(白)(白)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) レベル(Rebel)

(X),(T):あなたのライブラリーから、点数で見たマナ・コストがX点以下のレベル(Rebel)・パーマネント・カードを1枚探し、それを戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。
(3):あなたの墓地にあるレベル・カード1枚を対象とし、それをあなたのライブラリーの一番下に置く。

1/3


Brainstorm / 渦まく知識 (青)
インスタント

カードを3枚引き、その後あなたの手札からカードを2枚、あなたのライブラリーの一番上に望む順番で置く。



Counterspell / 対抗呪文 (青)(青)
インスタント

呪文1つを対象とし、それを打ち消す。


リクルート能力の性質上、パーミッションデッキにはかなり有利に戦える。またビートダウンデッキ相手にも、通常のパーミッションと違いとりあえず軽量クリーチャー展開できるため、あっという間に倒されるということも無い。レベル・クリーチャーにスペースが必要になるため、カウンターの枚数が圧迫され、パーマネントにも対処しなくてはならないが、そこはの出番。神の怒り/Wrath of God浄化の印章/Seal of Cleansingで待ち構える。リクルート能力のおかげでリセットしても通常のビートダウンより立ち直りが早いことが多いのも特徴のひとつ。

元々はリベリオンにとって致命的であるサーボの命令/Tsabo's Decreeへの耐性をつけることを目的としたのが始まり。リベリオンの隆盛に伴い、サイドボードや場合によってはメインデッキからサーボの命令を積まれることが増えたため、それに対抗するためにカウンターを採用するようになった。

インベイジョンプレーンシフト登場期のスタンダードでは、当時のメタゲームの中心であったファイアーズマシーンヘッド相手に互角以上の戦いができた上で、ネザーゴー青白コントロールに対しての相性の良さもあり、有力デッキの一角を占めた。

デッキ自体は非常に柔軟性が高いが、プレイングはかなりシビアなものを要求されることが多い。カウンターの枚数が圧迫されているのでカウンターすべき呪文か否かは慎重に見極める必要があるし、リセットからの立ち直りが早いといっても、通常のコントロールと比べるとこちらにもある程度の被害が及びやすいので、クリーチャーの展開やリセットのタイミングにも気を使う必要がある。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60) サイドボード
クリーチャー (13) 2 獅子将マギータ/Mageta the Lion
4 レイモス教の兵長/Ramosian Sergeant 2 解呪/Disenchant
2 果敢な隼/Defiant Falcon 2 緑の防御円/Circle of Protection: Green
2 果敢な先兵/Defiant Vanguard 1 神の怒り/Wrath of God
2 果敢な勇士リン・シヴィー/Lin Sivvi, Defiant Hero 1 総くずれ/Rout
1 レイモス教の空の元帥/Ramosian Sky Marshal 3 禁制/Prohibit
1 ジョーヴァルの女王/Jhovall Queen 2 威圧/Dominate
1 反逆者の密告人/Rebel Informer 2 嘘か真か/Fact or Fiction
呪文 (21)
1 解呪/Disenchant
2 解体の一撃/Dismantling Blow
2 神の怒り/Wrath of God
1 総くずれ/Rout
4 渦まく知識/Brainstorm
4 対抗呪文/Counterspell
1 威圧/Dominate
2 嘘か真か/Fact or Fiction
4 吸収/Absorb
土地 (26)
8 平地/Plains
10 島/Island
4 アダーカー荒原/Adarkar Wastes
4 沿岸の塔/Coastal Tower

[編集] 参考

QR Code.gif