オルゾフの魔除け/Orzhov Charm

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Orzhov Charm / オルゾフの魔除け (白)(黒)
インスタント

以下から1つを選ぶ。
・あなたがコントロールするクリーチャー1体を対象とし、それとそれにつけられているあなたがコントロールするすべてのオーラ(Aura)をオーナーの手札に戻す。
・クリーチャー1体を対象とする。それを破壊し、あなたはそれのタフネスに等しい点数のライフを失う。
・あなたの墓地にある点数で見たマナ・コストが1以下のクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。


ラヴニカへの回帰ブロック魔除けオルゾフ版。モードバウンス単体除去リアニメイト

のモードは自分クリーチャー限定のバウンス。Word of Undoing立ち退きの印/Mark of Evictionのように、それにつけられているオーラ手札戻す。自分のクリーチャー限定なので、基本的には除去から守るために使うことになる。その際オーラがついていてもディスアドバンテージにならないのは嬉しい。また、状況によってはオルゾフの固有メカニズムである強請を繰り返し誘発させることにも使える。

のモードは再生を許す影の中の貪り/Devour in Shadow。無条件にクリーチャーを破壊できる使い勝手の良いモード。らしくライフロスを強要されるが、タフネス参照なので頭でっかちな攻撃的クリーチャーを除去するなら痛手にならないし、こちらがビートダウンならば失った以上のライフを失わせればいいので、デメリットを低減できる。

白黒のモードはプチ再誕の宣言/Proclamation of Rebirth。適切なデッキで扱えばこのカードはクロック生け贄要員の確保という役割も持てるようになり、ノンクリーチャー相手でも腐ることがなくなる。対コントロールという意味では1番目のモードと若干被っているが、相手が除去を構えていないところにインスタント・タイミングで攻勢をかけられるため、こちらの方がより重要なモードである。

全体的にビートダウン戦略を支援するのに適しており、参入直後のスタンダードでは主にThe Aristocratsでその多様性を如何なく発揮した他、黒白ゾンビなどでも採用された。しかしローテーション後は、凍結燃焼の奇魔/Frostburn Weirdクルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix冒涜の悪魔/Desecration Demonなどの高タフネスクリーチャーが環境に蔓延したことから除去として扱うリスクが高まり、また相方として有用な生け贄ギミックが消失したこともあり、環境初期こそタッチ黒タイプの白ウィニーで採用されたものの、白ウィニーがトーナメントシーンから退場すると姿を消した。

モダンではエスパー死の影で採用されることがある。下の2つのモードに死の影/Death's Shadowとのシナジーがあるため。

リミテッドではライフロスがあるとはいえ2マナで無条件のインスタント除去というだけで非常に強力。他の2つのモードはリミテッドではあまり重視されない能力だが、白のモードはフィニッシャー保護としても使えるので、あって損はないモード。が合えば使わない理由はないだろう。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカへの回帰ブロック魔除けサイクル。いずれも2マナインスタントであり、各ギルド/Guildに1枚ずつ存在する。3つのモードはそれぞれ、1目にできることと2色目にできること、そして両方の色が共通してできることの組み合わせになっている(参考)。

[編集] 参考

QR Code.gif