オプトブルー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

オプトブルー (Opt Blue)は、パーミッションの一種。インベイジョン参入後に現れた、新生ターボ・ゼロックスである。

目次

[編集] 概要


Counterspell / 対抗呪文 (青)(青)
インスタント

呪文1つを対象とし、それを打ち消す。



Opt / 選択 (青)
インスタント

占術1を行う。(あなたのライブラリーの一番上のカードを見る。あなたはそのカードをあなたのライブラリーの一番下に置いてもよい。)
カードを1枚引く。


「優秀な軽量ドロー呪文を2枚入れれば土地を1枚減らしてもいい」というゼロックス理論に基づいて設計されたデッキ。その分多くの呪文を唱えることによってアドバンテージを得るのが狙い。

特に、1マナで複数のカード見ることができる選択/Opt渦まく知識/Brainstormの存在が重要。これらによってデッキ内の土地が少なくても序盤の土地事故を回避しやすくなるとともに、中盤以降の不要な土地のドローも回避できる。

その他には蓄積した知識/Accumulated Knowledgeなどのハンド・アドバンテージを得られるドロー呪文もよく採用された。

[編集] スタンダード版

スタンダード版では、上記のドローに加えサーボの網/Tsabo's Web排撃/Repulse嘘か真か/Fact or Fictionなども使用される。打ち消し呪文も、対抗呪文/Counterspell記憶の欠落/Memory Lapse妨害/Thwart撃退/Foilなど、確定カウンターならほとんど採用されていた。

フィニッシャー大気の精霊/Air Elementalマハモティ・ジン/Mahamoti Djinn、もしくは威圧/Dominate奪取/Desertionで奪った対戦相手クリーチャーなどが使われた。

初期の段階では実績を残せたものの、単色ゆえのカードプールの狭さや、打ち消されない呪文の再来により苦しい立場にあった。プレーンシフト第7版が加わった頃はタッチしてサーボの命令/Tsabo's Decreeを投入しファイアーズカウンターレベルへ対抗するようになるが、アポカリプス参入後には衰退してしまった。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (3)
3 大気の精霊/Air Elemental
呪文 (38)
4 渦まく知識/Brainstorm
4 選択/Opt
2 目くらまし/Daze
4 蓄積した知識/Accumulated Knowledge
4 対抗呪文/Counterspell
2 排撃/Repulse
2 嘘か真か/Fact or Fiction
3 妨害/Thwart
2 撃退/Foil
2 誤った指図/Misdirection
3 威圧/Dominate
2 洗い流し/Wash Out
2 袖の下/Bribery
2 サーボの網/Tsabo's Web
土地 (19)
19 島/Island
サイドボード
1 誤った指図/Misdirection
1 袖の下/Bribery
1 洗い流し/Wash Out
4 ルートウォーターの泥棒/Rootwater Thief
4 氷河の壁/Glacial Wall
4 呪われたトーテム像/Cursed Totem

[編集] エクステンデッド版

かつてのエクステンデッドで使用されたこともある。これは当時メタの中心にあったネクロ・ドネイトに対してパーミッションが有効だったためである。また現在でもエターナルでは健在であり、少数ながら愛好者も存在する。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (7)
4 知恵の蛇/Ophidian
3 マスティコア/Masticore
呪文 (36)
4 渦まく知識/Brainstorm
4 選択/Opt
3 噴出/Gush
4 対抗呪文/Counterspell
2 マナ漏出/Mana Leak
2 目くらまし/Daze
4 無効/Annul
1 禁止/Forbid
2 撃退/Foil
4 意志の力/Force of Will
3 レガシーの魅惑/Legacy's Allure
3 基本に帰れ/Back to Basics
土地 (17)
17 島/Island
サイドボード
2 誤った指図/Misdirection
1 基本に帰れ/Back to Basics
4 ダンダーン/Dandan
2 水流破/Hydroblast
3 高波/Tidal Wave
3 火薬樽/Powder Keg

[編集] 参考

QR Code.gif